都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

Google Earthで軍事基地の内部まで!?台湾の3Dマップ更新で衝撃の光景が





近年、インターネットに於ける地図サービスの衛星写真は非常に精度や画質が高くなっており、行きたい場所や目的地を見つけやすくなっている。

しかし、時には詳細に表示されすぎて困った事が起きることもある。

Googleが水曜日に台湾の3Dマップを新しく公開したところ、その地図の中に軍事機密となるミサイルサイトの光景が含まれていたのだ。

画像は非常に鮮明なので、場合によってはランチャーの製造元やモデルを特定することさえ可能だという。




台湾の国防省は現在この問題についてグーグルと協議しているとのこと。

Googleが地図サービスの衛星写真で機密性の高い場所の画像を掲載したのは今回が初めてではない。有名なArea 51を初めアメリカ国内のみならず諸外国の軍事施設も表示されてしまい、問題になったこともある。

現代は商業衛星が軍事施設を確認できてしまうだけでなく、写真に撮ってネットに投稿できてしまえる時代になっている。もはや地上に存在するものを真に秘密のままにしておくことは不可能になりつつあるのかもしれない。

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Google Earth