都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

Amazon Alexaに「マイケル・ジャクソン」について質問すると…





2009年6月25日、世界的なスターのマイケル・ジャクソンは心臓発作で亡くなった。しかし、有名なスターが亡くなった際に必ず出てくる話だが、マイケル・ジャクソンについても死が偽造された、今も生きているという噂が囁かれ続けている。

そして、今ある動画が「マイケル・ジャクソン生存の証拠」として話題になっている。

それはAmazonのAIアシスタントAlexaとのやりとりだ。

動画の中で、ある男性が「Alexa、マイケル・ジャクソンがまだ生きているかどうか知ってる?」と尋ねる。するとAlexaは「はい、私の知る限りでは、マイケル・ジャクソンは生きています。彼は60歳です」と回答するのだ。

関連動画
Amazon Alexa says Michael Jackson is alive!!






一連のやり取りは2018年12月に撮影されてネット上にあげられ、有名なオカルト系Youtubeチャンネルが取り上げるなど、多くの人々の注目を集めた。

「これが証拠になるとはいえないことは解っていますが、興味深い映像を見せたかったのです」「アマゾンが人工知能として製造したこのミニロボットは、マイケル・ジャクソンが生きていると言います。Alexaは多くの人より賢いと思います」と動画を上げた人物は語る。

今も何十人もの視聴者が動画のコメント欄に集まって、議論している。しかしAlexaはどうしてこのような回答をしたのだろうか。

関連記事

マイケル・ジャクソンは生きている!?欧米を中心に囁かれる芸能都市伝説






Amazonの広報担当者はDaily Star Onlineに次のように語った。

「確認したところ、Alexaがこの質問に答えているわけではないように見えますので、動画の人物がAlexa Skill BlueprintのQ&Aテンプレートを利用し、それらしく応答させているだけではないでしょうか」

Skill Blueprint(スキル・ブループリント)とは、AmazonのAIアシスタントAlexaに独自のスキルや応答を仕込める仕組み。これを応用して、Alexaに望み通りの回答をさせたのではないかということだ。

「Skill Blueprintは、2018年11月に米国と英国でスタートしました。恐らくAlexaの機能に慣れ親しんだ人がスキルテンプレートを活用してイタズラした可能性が高いと思われます」と広報担当者は付け加えた。

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『Moonwalker/ [Blu-ray]