都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

2028年、アメリカ~カナダ~メキシコの国境がなくなる…未来人Noahの証言!





本アトラスでも度々紹介している2030年からきたという未来人Noah。これまでもそう遠くない未来の話をネットで公開してきていたが、彼がある衝撃的な告白を行って注目を集めている。

彼によると、2028年にカナダとアメリカとメキシコの三国が合併して一つの「スーパーカントリー」を創設するというのだ。

この三国の境界は実質的に存在しなくなり、国内のある地域として認識されるようになると主張している。

関連動画
Time Traveler Noah Reveals Future of Canada






しかしトランプ大統領はメキシコとの間に壁を造ると公約し、現在実行に移そうとしている。メキシコとの国境が実質的に無くなることは有りうるのだろうか。それとも、壁の建設は一時的なものか、結局頓挫してしまうのだろうか。

Noahによれば、国境が実質的になくなる背景には地球温暖化が関係しているという。

「将来の大きな問題である地球温暖化の影響により、カナダの南部地域がより温暖化。カナダの人口は驚くほど増加します。アメリカとカナダの国境は基本的には機能していません。だれでもアメリカからカナダに行くことができます」

気候の変動で人々が移動しやすくなり、結果的に国境が無くなるというようだ。




こちらの動画はApex TVのYouTubeチャンネルにアップロードされ、1日で17,000以上の再生回数を獲得した。

最近の異常気象や気候の変動が実感として考えられるためか、彼の主張は今のところ視聴者におおむね好意的に受け入れられているようだ。

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©ApexTV / YouTube