都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

15年後の答え合わせ、頭痛がする地方の会館ホール

投稿 ゆるさん

ゆるです。

今回の体験は、「15年後の答え合わせ」です。

2000年頃にある地方の会館ホールに行きました。その日は、なぜか空気感が重くて、理由はわからないのですが凄い恐怖を感じて、楽屋の方へは行けず、客席から動けませんでした。

じっとしているとだんだん頭痛がひどくなり、強烈なイメージで受け取ったのは、このホールに首吊り自殺した女性がいて、それは、旅回りの劇団のスタッフで20代女性ということ。

関連記事

生きているレトロ人形




それから15年後、たまたま別の県で、そのホールの人と飲む機会がありました。

その人と話をするのは初めてでしたが、聞いてみました。

私は、「あのホールって昔、旅回りの劇団スタッフの女性が首吊り自殺してませんか?」すると、「あれは1978年くらいだったかな、旅回りの劇団の女性スタッフの自殺があったけどホールじゃなくホールのはす向かいのビジネスホテルだよ。」と言われました。

15年前に感じた強烈なイメージは、ホールに残っていた残留思念だったのかもしれません。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Holger Langmaier PIXABAY