都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

【都市伝説】宮迫&亮の謝罪会見、なぜ「休憩なし」でしゃべり続けた?

2019年7月20日、お笑い芸人『雨上がり決死隊』の宮迫博之と、『ロンドンブーツ1号2号』の田村亮が都内某所で緊急会見を開き、闇営業問題で世間を騒がしたお詫び、及び所属先の吉本興業を契約解除したことを世間に報告した。

宮迫と田村の両名は、涙ながらに契約解除に至った経緯を事細かに説明。吉本興業から会見を開くことを止められたなど、様々な圧力を受けたことを告発した。これにはダウンタウンの松本人志、ビートたけしらお笑い界の重鎮も素早く反応。松本は「後輩芸人達は不安よな。松本 動きます。」とツイートしたことで、今後、どのように進展するのか注目を集めている。




さて、ネット上ではこの会見中にあったある事実に関しての様々な憶測が流れているようだ。

その事実というのが「消えた休憩問題」といわれ、彼らの会見が17時の時点ですでに2時間を超えていたために、進行役の女性が「15分間の休憩をとります」とアナウンスした。ところが質疑応答はそのまま続行されていた。

ついに17時40分まで休憩なし、ぶっ通しで会見が行われたのである。

このことはネットに於いて、長時間にわたり宮迫や田村を喋らせて休憩を取らせなかった記者や関係者へのバッシングがあったことは確かである。しかし、この休憩を取らせなった、というか、あえて取らなかったのには以下のような事情があるのではと一部では囁かれているようだ。



反社集団だけではない!危ないセミナー商法に協力する芸人たち…

それは、今回の会見は宮迫や田村が吉本興業を通さずに行った会見であるために、わずかな休憩時間中でも記者や宮迫らへ吉本からの圧力がかかることを恐れたことにあるという。このことから、あえて会見はそのまま続けたというのである。

通常、芸能記者がこの手の記者会見を行う際は、携帯やメッセージアプリなどで絶えず、外部の人間とコンタクトを取れるようにしている。しかし、今回は休憩をあえて取らないことで、わずかな効果ではあるが、吉本の息のかかった記者からの質問を封じるためだったのではないかといわれているのだ。つまり、吉本に「忖度した質問」を封じる意図があったことから、異例の「休憩なし」の会見となったのではないかと考えらているようだ。

しかしながら、今回の記者会見で宮迫と田村が涙ながらに語った話を検証すると、まだまだ知られざる「闇」は深そうである。

そして明日22日、今度は吉本興業の岡本社長が記者会見を開くようであるが、果たしてそこで何が話されるのだろうか。




関連動画
宮迫×ロンブー亮会見1 全責任は僕にあります(19/07/20)

≪こんな記事も読まれています≫
入江は反社集団だと知っていた!?

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像&動画©ANNnewsCH YouTube