都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

7500年前の女性、現代の法医学で美しく生まれ変わる

法医学の専門家が、ジブラルタルの洞窟で発見された新石器時代の女性の生前の姿を再現。その詳細な再現ぶりに多くの人から称賛を集めている。

今回再現の対象となった彼女の遺体は、1996年に洞窟の中に埋もれた状態で発見された。

関連記事

【神的】世界一美しく眠り続ける,朽ちないミイラ少女




ジブラルタルの古典名にちなんでカルペイアと名付けられたこの女性は、亡くなったときに30代だったと考えられていた。しかしジブラルタル国立博物館のマヌエルハエン氏が率いる研究チームによって6か月間にわたって再現された結果、新たな事実が判明した。

「頭蓋骨からDNAを抽出することができたので、多くのことが新たに解りました」と再現に加わったClive Finlayson教授は語る。




「彼女は黒い髪と目をしていました。興味深いのは、彼女の遺伝子から祖先を見ると、遺伝子の10パーセントは地元の中石器時代の狩猟採集者でしたが、90パーセントはアナトリア[現代トルコ]のものでした」

完成した再現模型は、9月10日に遺産相のジョン・コルテス博士によって発表された。博士は次のように語っている。

「最先端の技術で再現された模型の出来映えに我々は息をのみました。この若い女性は亡くなった時は30代後半から40代前半で、7500年前にジブラルタルに住んでいたと考えられています。彼女は洞窟に埋葬された状態で発見されました」

関連動画
Calpeia, the face of a Gibraltarian woman of 7,500 years ago

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Gibraltar Chronicle YouTube