都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

黒木メイサ、18歳の頃の“ミニスカプリクラ”を公開!「今も昔も変わらず綺麗」【画像】

女優・黒木メイサ(30)が1月30日付のインスタグラムで、2006年に撮影されたというミニスカ姿のプリクラを公開している。

ネット上では「今も昔も変わらず綺麗」、「レアすぎます!可愛い」、「みみみミニスカート!」などと、絶賛や驚きの声が挙がっている。

※メイサさんのミニスカ姿、確かに珍しいかも?

黒木メイサが2019年1月30日付のインスタグラムで、「片付け、整理してたら出てきた懐かしいプリクラ…初めての映画の撮影で出会ったダンスが好きな彼女にたくさん救われた」と、今から約12年前となる2006年12月に友人と撮影したプリクラが出てきたことを明かし、「しかし…ミニスカートに白のジャケット着てた記憶なんて無いぞ…笑」のコメントとともに、18歳だったと思われる当時のプリクラを公開した。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 黒木メイサ・金髪ショートヘア時代
(※情報元:黒木メイサインスタグラム)

白のジャケットにグレーのマフラー、黒のミニスカートを合わせたメイサさんの貴重な“18歳ショット”で、友人のさえさんとの仲睦まじい様子が伝わってきます。

さえさんもこの写真をリポストしたうえで、「懐かしすぎるー」、「会うたびプリクラ撮ってたね!」とコメントを寄せており、それぞれに感慨深い一枚のようだ。

インスタグラムでは「今も昔も変わらず綺麗」、「レアすぎます!可愛い」、「みみみミニスカート!」などと、絶賛や驚きの声が出ていた。

そんな黒木メイサといえば、2012年2月に歌手・赤西仁(34)と結婚し、2012年9月に第一子となる女児(6)が、2017年6月に第二子となる男児(1)がそれぞれ誕生したことで知られる。

そうしたなか、2018年はネスレショートムービー「星に願いを」(YouTube配信、第3話)や、ドラマ「不発弾~ブラックマネーを操る男~」(WOWOW、2018年6月10日~、全6回)に出演したほか、2018年5月18日にインスタグラムをスタートさせるなど、子育てと女優業、ファンとの交流をマイペースで両立させているようだ。

黒木は2004年にドラマデビューを果たし、2005年に映画「同じ月を見ている」(2005年11月19日公開)で映画デビューを飾っているので、今回のプリクラに写っていたさえさんとはこの映画の制作時に何らかのきっかけで出会ったのかも。

奇しくも2006年といえば、赤西仁がKAT-TUNとしてデビューした年であり、夫婦そろって芸能界の荒波を泳ぎ始めた時期であることもうかがわせます。懐かしくもあり、初心を思い出させてくれそうな一枚でもあるのかも。

★関連記事 ★黒木メイサの最新ニュースを探すなら