都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

高知商業前駅に出た…正体不明、謎の汽車

投稿 高知出身のTさん

以前、アトラスラジオのインタビューでお世話になりました高知出身のTです。

お久しぶりです。突然のメール申し訳ございません。先日、お盆の時期に高知に帰ってましていろいろと不思議な話を周りの人から聴いてきました。

またちょっと謎な話があったのでこれは是非聴いて頂こうと思いまして、メールいたしました。




その話の内容なんですが、僕の高校の時の友達が体験した話であう。その友達のおばあちゃんの家が「高知商業前」という駅の近くにあるんですけど、ちょっと前まで自殺が多発していた場所なんですよ。

それで、その友達が幼い頃すごく鉄道が好きだったんですよ。だからよくおばあちゃん家に泊まりに行って2階のベランダから汽車を見ていたらしいんです。それで、僕自身も鉄道好きなので分かるんですけど、高知は単線なので線路の点検とかを夜中にやるんですよ。

だから夜中に見てると昼間は絶対見れない車両を見れるわけなんです。その友達はよく夜中に起きて線路を見ていたらしいんです。




そんなある日なんですけど、夜中に見ていると見たことない車両が走ったそうなんです。普通の汽車みたいなんですけど、なんか様子が違かったらしいんですよね。変にゾクゾクしたそうなんです。点検の車両とかでもなかったらしくて、未だに思い出すと薄ら寒い感じがするそうなんです。

そういう不思議な話を聴いてきましたので、メールいたしました。長文失礼致しました。

関連記事

異世界を漂流していた!?90年間行方不明だった「コトパクシ号」の謎

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Ralf Schneider PIXABAY