都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

額に輝く第三の眼!?オーストラリアで発見された三つ目の蛇!





非常に珍しい特徴を備えた蛇がオーストラリアのダーウィン郊外ハンプティドゥーの町の近くで発見された。

40cm程度の大きさしかない蛇だが、頭部に明らかに他の生物がとは違う特徴がある。額にもう一つ、合計3つの目が存在しているのだ。アーネムハイウェイにて、ノーザンテリトリー公園野生生物局のレンジャーが発見し保護したという。






野生生物の専門家は、この蛇の「第三の目」は突然変異による可能性が高いという見解を示している。

ノーザンテリトリー公園野生生物局は、「このヘビの目は2つの頭が融合した事で形成されたものではなく、1つの頭蓋骨の中に3つの目が存在し、機能している」と明らかにした。

「この眼は体組織分化の初期段階で発生した可能性が高いと見られます。よってこの奇形は環境要因によるものであり、比較的一般的な奇形爬虫類の事例であるのはほぼ確実といえます」

しかしこのヘビの余分な目は食事をする際に問題を引き起こしているように見え、発見・保護されてから数週間以内に亡くなってしまったとのことだ。




関連動画
Mutant Three-Eyed Snake Spotted in Australia

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©GeoBeats News YouTube