都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

雨上がり宮迫が活動休止……霜降り明星せいや、騒動を予言していた?


2019年6月24日、吉本興業は振り込み詐欺グループの宴会に出席。金銭を受け取ったことをようやく認めた、雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮、レイザーラモンHGら11名を謹慎処分にしたと発表した。

この件は2019年6月、カラテカの入江慎也が闇営業の仕事を先輩芸人たちに斡旋。ここで紹介された企業というのが振り込み詐欺グループだったため、仲介役のカラテカ入江は吉本興業から解雇された。また、このことが露見した直後から宮迫らには「彼らと本当に金銭の関係はなかったのか」と疑惑の目が向けられていた。

関連記事

カラテカ入江、情報商材業者と癒着!?セミナー商法・霊感商法との関連も…





今回の騒動により宮迫の出演する『アメトーーク!』の今後の放送ほか、田村亮の出演する『ロンドンハーツ』などいくつかの番組に休止などの影響があるのではないかといわれている。

さて、今回の騒動についてだが、実は「ある吉本芸人が本騒動を予言していたのではないか」という都市伝説が独り歩きし始めたようだ。

本事件の第一報が週刊文春で報道された6月6日の深夜、テレビ朝日では『アメトーーク!』が放送されていた。そして、この放送中になんと、霜降り明星のせいやが「雨上がりさんの仕事がなくなる!」という意味深な発言をしていたのだ。

このコトは、ミキの亜生が、せいやがある熟女と関係を持ち、ラブホテルへ行った実話を語りだした。すると、せいやが突然、横から制止。あまりにヤバい内容だったらしく、とてもではないが電波には乗せられないと感じた、せいやは「雨上がりさんに迷惑がかかる!」「雨上がりさんの仕事がなくなる!」と発言したのだ。

このやり取りの収録は事件発覚前のため、全くの偶発的なハプニングであろうが、実に興味深いシンクロ現象と考えられるのである。




本日、同じくパーティーに参加していたらしいザブングルも、所属しているワタナベエンターテインメントから謹慎処分を受けたばかりである。それにしても、宮迫、田村、ガリットチュウ福島善成など、売れっ子芸人がしばらく人前に出れなくなったことは、テレビ局各社ともに今後の調整に現在パニック状態といったところであろうか。

なお、既報の様に今後はこれらの謹慎芸人たちには、近日中に警察や税務署からの厳しい追及が待っているはずだ。闇営業を安易に請け負った代償はあまりに高くついたようだ。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『霜降り明星のパパユパユパユDVDスペシャル