都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

階段を上ってくる霊 

投稿 元葬儀屋さん

3・11の震災のお話しをアトラスラジオで拝聴致し、被災地では多くのお亡くなりになられた方々が今だに彷徨っていられることに心が痛みました。

お亡くなりになられた方の無念の気持ちが伝わってきてご本人様やご家族様の気持ちを察すると胸が締め付けられる気持ちになります。なんとか供養してあげられないものかと感じます。

様々な形でお亡くなりになられた方々が現世に関わって来ることでバスの深夜運行ができなくなった場所もあったり、お亡くなりになられた方々が横断歩道を行列で渡るなどしていると被災地の方から聞いた事があります。

関連記事

人玉を生まれて初めて見たころに起きた怪事




私自身も被災地にある施設で心霊体験をした事があります。

その施設は木造で、空き家を改良したものに一見していました。正直入りたくないと躊躇しましたが、一週間ほどの仮の滞在場所と言うことでしたので、仕方なくその施設の二階の一室を借りたのです。

部屋へ入り押し入れを開けると、隣の部屋と共同の押し入れになっており、隣の部屋が見える奇妙な部屋です。また窓の外は林が広がりとても寂しい場所です。

夜になり就寝しようとしていた時のことです。施設の二階を使用していたのは私だけでしたが、誰かが階段を上ってきた足音が聞こえてきました。

きっと誰かが私の部屋に用事があるのだと思ったのですが、その足音は隣の部屋へ入った様子で、私が息をひそめていると隣の部屋の畳の上をグルグルと回っている様子です。畳と足がこすれる音やその気配が聞こえてくるのです。

しかし、入り口の扉の隙間から階段の電気が点いているか消えているのかが確認できるくらい大雑把な造りの建物です。階段の電気も点けないで二階へ上ってきて、隣の空き部屋を使用する人間など居る訳がないと感じました。




その施設を利用している人は私を含めて数名のみで私以外の数名は一階の部屋を使用していて、二階に用事があるはずも無いと思われますし、隣の何もない部屋に人が出入りするはずも無いと感じたのです。

『これは間違いなく人ではない』と直感した私は、その夜は電気を点けたままでイヤホンで音楽聞きながら気を紛らわし就寝し、その施設を次の日に退去しました。

後々の話で知ったのですが、その施設管理の担当からこっそり得た情報では、別の施設では幽霊が出たという使用者のクレームから、施設管理の担当者が幽霊が出るのかどうかを自ら宿泊して検証したところやはり幽霊が出た為にその日の内に別のその施設を閉鎖した経緯があるとの話しを伺いました。

つまり、私の利用した施設も実は霊が出るのに事実を隠しているのではと思ったのです。何も知らずに以前から施設を利用している数名はその後も利用を続けている様子でしたので、私はその出来事の話を他言することはありませんでした。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©すしぱくPAKUTASO