都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

陰謀論を信じるのはどんな人?オーストラリア国立大学が調査結果を発表! 

アトラスでも度々紹介しているが、UFOや人類滅亡論などの陰謀論は世界的に人気であり、信じている人は多い。冷静に考えればおかしいと思えるのに、このような陰謀論はなぜ生まれるのか、またなぜ信じてしまう人が出てくるのだろうか。

以前、アトラスではNASA関係者がアポロ陰謀論に関する見解を出した事を伝えた(※アポロ陰謀論を信じる人が増える理由についてNASA関係者が分析)が、宇宙やUFO関係以外の陰謀論−−−例えば、終末論や政治系の陰謀論を信じる人の心理について研究者らが更なる調査を行った。

関連記事

『アポロ陰謀論』を信じる人が増える理由について、NASA関係者が分析




オーストラリア国立大学(ANU)の研究者によって実施された今回の研究では、8年間にわたってRedditに投稿された20億を超えるコメントを分析することで、陰謀論を信じる人達の傾向を調査。

その結果、陰謀論を信じる人の大半が普通の生活を送っている普通の人々にすぎない事が明らかになった。日がな一日、陰謀論を信じこみ、強大な権力などの影に怯えて暮らすような人々はそれこそほんの一握りでしかないのだ。

「我々が調査したのはRedditのようなオンラインフォーラムですが、このような場が登場する前は人々が陰謀論を耳にしたとしてもかなり極端な意見でしかなく、また陰謀論を信じる人も他の誰かと陰謀論について話すことを自然に警戒する傾向がありました。しかし、大規模なネットのフォーラムはそれらの陰謀論に触れる機会を作り、また物事に対する低いレベルでの理論化を加速させます。始まりはささいな、誰もが抱くような社会不安や理由付けなのですが、それがオンラインでつながることによって『自分以外にも同じ事を考えている人がいる』という認識を強め、相互に信じこんでいくようになるのでしょう」




今回の研究に携わった研究者は、以下のように語る。

「陰謀論を見て非常に奇抜な考えだと思うかもしれません。そして、それらを信じる人々は狂っているように思えるかもしれませんが、実際には私たちが日々思いつくような些細な『思い込み』をずっとずっと続けているだけと言えるでしょう」

(勝木孝之 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Michael Knoll PIXABAY