都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

闇営業芸人の言い訳暴露…ギャラではなく、足代として数十万円!?


お笑いコンビ、「カラテカ」入江慎也の仲介により、多くの芸人が反社会的勢力のパーティーに参加した容疑で事務所から処分された。しかし、「その処分は甘すぎる」という指摘も多い。

他にも入江ルートではんこ販売の霊感商法や、催眠商法のパーティーにも多くの芸人が参加していたと噂が流れており、いくつかの週刊誌にはその時の写真が持ち込まれているらしい。今後新たな疑惑が出てくる可能性もあり得る。

関連記事

カラテカ入江、情報商材業者と癒着!?セミナー商法・霊感商法との関連も…





この結果、闇営業問題が芸能界を大きく揺るがしている。

業界では「このような闇営業は昔からよくあることだ」と言われている。筆者が付き合いのあるベテラン芸人に確認したところ、「闇営業をやっていない芸人は皆無」ということであった。当然、事務所にバレたときに、クビにならないような言い訳も考えられており、「ギャラをもらった」とは絶対認めないのが手口であるという。

あくまで「知り合いの結婚式(パーティー、宴席)にボランティアで出た」と事務所に説明するのがコツらしい。しかし、実際は交通費と言う名目で、数万円から数十万円の多額のギャラをとっぱらい(当日現金払い)で受け取っている可能性が高い。




もちろん、あくまで業界における一般論であって、すべてにこれが該当するとは言い切れない。

今回、SNSで謝罪をした「雨上がり決死隊」の宮迫博之であったが、その謝罪文がコピペであった可能性が指摘され、事態に油を注ぐ形になってしまった。宮迫も「あくまでボランティアである」と言っているが、反社会的勢力の会長夫婦を自身が司会をしているテレビ番組『アメトーク』に呼ぶと公言しており、その罪は決して軽くはない。

あくまで噂レベルの話と前置きするが、宮迫も交通費あるいは足代という名目でお金を受け取っている可能性はゼロでは無い。数年前のことで記憶が定かでないとは思うが、その辺の疑惑は晴れない。入江が正直な証言をすることを望んでいる。

(大山朱姫 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『アメトーーク! DVD45 (特典なし)