都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

遺体を火葬したスタッフが被ばくしてしまう… 原因は意外なところに

Credit: photo ac
Point
■アメリカで火葬された男性の遺体から、放射性物質が揮発し、火葬場のスタッフが放射能に晒されるという事件が発生していた
■放射性医薬品は検死解剖の際に見落とされやすい
■スタッフに尿検査を行なったところ、患者に使用したものとは別の放射性物質が検知され、以前の火葬でも放射能を浴びていたことが判明

日本も他人事ではありません。

2017年、アメリカである69歳の男性が火葬されました。膵臓癌を抱えていた彼は、深刻な低血圧症が原因で病院に搬送され、その2日後に亡くなりました。

この男性、実は搬送先の病院に入る前日、別の病院で放射性医薬品を癌の腫瘍部に注射していました。しかし火葬場のスタッフがこれに気づかずに遺体を火葬した結果、揮発した放射性物質を浴びてしまったのです。

詳しい報告は、今年2月26日付けで「JAMA Network」上に掲載されています。

原因は放射性化合物

男性に使用されたのは、「ルテチウム-177標識ソマトスタチンアナログ(Lu-177-DOTA-TATE)」と呼ばれる放射性化合物です。火葬の際、男性の体内には、周囲に潜在的な危険を及ぼすのに十分な量が含まれていました。

こうした付随的な危険を無くすため、アメリカの医師たちは、放射性医療に対して厳密な対処法を模索しているのですが、死亡患者については放射性検知が困難だとのこと。

アメリカのミネソタ州にあるメイヨー・クリニックの医師は「体内の放射性物質は独特なあり方をしているため、検死解剖の際に見落とされやすい」と指摘します。

他の遺体からも放射能が…?

事件が発覚したのは、男性に放射性治療を行なった病院の医師が彼の火葬を聞きつけ、連絡してきたことがきっかけ。医師は遺体に放射性物質が残存していることを懸念し、同病院に所属する「放射線安全管理部」と共に火葬場の放射能汚染調査を実施しました。

ガイガーカウンター(イメージ) / Credit: pixabay

そしてガイガー・カウンターを使用して調査したところ、微量ながらも男性に使用された「Lu-177-DOTA-TATE」に含まれる放射性核種が検出されました。

火葬場で放射性物質の存在が公式に報告されたのは、今回が初のことでしたが、事態はより深刻でした。

というのも、火葬場のスタッフに尿検査を実施したところ、「Lu-177-DOTA-TATE」ではなく、「テクネチウム99m」という別の放射性物質が検出されたのです。

つまりスタッフたちは、別の遺体を火葬する際にも、揮発した放射能に晒されていたということになります。放射能の安全管理を専門とするケビン・ネルソン氏は「これまで見逃していたケースを考慮すると、潜在的な被害は予想以上に甚大なものとなっているかもしれない」と指摘します。

不幸中の幸いか、火葬場やスタッフから検出された放射線の量は低く、健康に害を与えるレベルではないようです。

しかし、マウント・シナイ医科大学のパオロ・ボフェタ医師によると「微量ながらも放射線を浴び続ければ、ガンや放射能による被害が生じる可能性は十分にある」とのことで、注意と促しています。

 

アメリカでは遺体のおよそ半数が火葬されますが、わが国日本ではほぼ100%。医療との連携にもよりますが、日本も他人事ではなさそうです。

始皇帝が探し求めた伝説の薬草「アシタバ」、実際に老化防止成分を含んでいた

reference: sciencealert.com / written & text by くらのすけ