都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

過去と現在の自分が一致しない「脱線病」とは

Credit:depositphotos

Point

■心理学的な「脱線」とは、過去の自分と現在の自分との間に乖離を抱くことで自我の安定性が失われることを指す

■調査の結果、「うつ病」傾向にある学生たちはその後、「脱線」傾向を強くすることが判明した

■しかし反対に、「脱線」症状が先立っているとその後「うつ病」傾向は下降していった

「過去の自分」と「現在の自分」は、本当に同じ人間なのだろうか?

ここに乖離を感じることで、自我の安定性が失われてしまうという症状がある。まだ病気として認められているわけではないが、この症状は「脱線(derailment)」と呼ばれ、症状的には「うつ病」に似たものだ。そして両者には大きな関係性があるといわれている。

しかし脱線病はこれまであまり詳しく研究されておらず、「脱線がうつ病を招くのか」あるいは「うつ病の結果として脱線が生じるのか」不明瞭なままであった。

ところがアメリカ・コーネル大学の研究によると、うつ病が脱線を招く可能性は高いが、反対に脱線から始まると「うつ病」傾向は現減少することが判明したようだ。

研究の詳細は、4月5日付けで「Clinical Psychological Science」上に掲載されている。

Depression and Derailment: A Cyclical Model of Mental Illness and Perceived Identity Change
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/2167702619829748?journalCode=cpxa

「うつ病」が先か「脱線」が先か

主任研究員のケイリン・ラトナー氏によると、うつ病患者のほとんどがかつて抱いていた目標を失うことで、現在のモチベーションを保つことに苦心するという。

その後彼らは友人や社会関係から身を引き、孤独な状態に陥ってしまう。

Credit:pixabay

このプロセスが脱線病を発症する流れとなっているが、同時に脱線が悪化することで「うつ病」を発症する可能性も考えられる。

こうした理由からラトナー氏と研究チームは、「うつ病が脱線を促すこと」と「脱線がうつ病を促すこと」という2つの可能性に焦点を当てて調査を開始した。

「脱線」から始まると心理的にプラス⁈

研究チームは同大学の学部生およそ1000人に協力してもらい調査を実施。うつ病と脱線病に関するアンケート調査を1年間に4度行なっている。

その結果、学生たちのアンケート・スコアは年間を通して比較的安定していたと同時に、うつ病と脱線病との間にある相関関係も発見された。

4度の調査の内、早い段階でうつ病の高いスコアを記録した学生は、その後の調査で脱線病のスコアも高くなることが判明した。ところが逆に、早い段階で「脱線病」の高いスコアを記録すると、その後うつ病の症状が下降傾向に至ることが分かったのだ。

Credit:pixabay

つまり、最初にうつ病傾向があると連鎖して脱線病を発症する確率が高くなるが、反対に脱線病からスタートするとうつ病を抑制できるというのだ。

ラトナー氏はこの説明として「早期的な脱線病により、心理的に苦痛を与える人間関係や達成目標から一度身を引くことで、長期的にはメンタル面にプラスに働く可能性がある」と指摘している。

今回の調査は学生に限定して行われたものであるため、結果を断言するには早いという。今後、対象者の年齢層や試験期間の幅を広げることで精密な調査を行う予定だ。

うつ症状のある人は「悲しい音楽」を聞くと気分がよくなる

reference: bps / written by くらのすけ