都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

議員と一緒に幽霊が映っていた?

写真に幽霊のような奇妙な影が写り込み心霊写真だと騒ぎになることがある。そんな心霊写真で、海外で少し変わった騒動が起きていた。

ウェールズはカナーフォンの町議員ジェイソン・ウェイン・パリー氏は、飼い犬や野犬による汚損に関する問題のキャンペーンに取り組んでおり、活動内容を報告する写真を撮影した。




「私たちは、この地域での犬の汚損に関する警告する標識を立てており、この地所で抱えている問題について注意喚起していました」と彼はNorth Wales Liveに語った。

「議員としての仕事をするとき、写真を撮って自分のFacebookページで共有しています。主にどのような活動や対策が行われているのか人々に告知する目的であり、私も好きでやっています。先日、仕事が休みの日にある人が私に駆け寄り、私がFacebookに載せた写真がどうもおかしいのだが、気づいているかどうかと尋ねてきました。その人は私の写真の背景が友人の家で気がついたと言っていました。よく写真を見てみると、後ろの家の窓に奇妙なものが写っていることに気づきました」




問題の幽霊の姿は、議員の肩越しに窓付近に見ることができるという。それは背景に対してわずかに目立つ不明瞭な形として現れている。

議員は友人に頼んで画像編集をし、コントラストを強調してもらったところより「幽霊」が浮かび上がってきたという。

果たして、この画像は本当に心霊写真なのだろうか。今も多くの人が議論しているという。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Facebook / Jason Wayne Parry