都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

複数の関係が許容されるポリアモリーは「最高に幸せ」だという研究結果

Credit: Pixabay

Point

■同時に複数の異性と関係を持つポリアモリーは、性的欲求や安心感を満たしやすいことが分かった

■ポリアモリーはパートナーによって求めるものを変えており、それが深い満足感につながっていた

■この研究はポリアモリーを推奨するものではないが、「性」の多様化と同時に「恋愛」も多様化している事実を捉えたもの

恋愛に関する研究は山のようにあるが、そのほとんどが現代社会で主流となっている「一夫一妻制」をベースとしたものだ。

しかしトロントのヨーク大学の研究者らは、そうしたメインストリームとは異なる「ポリアモリー」に関する新たな研究をおこなっている。

ポリアモリーとは、パートナーに合意の上で同時に複数の恋愛関係を進行させる人々のことを指しており、もちろんそこには性的な関係も含まれる。

研究の結果は驚くべきもので、1人よりも多くのパートナーとの関係を持つポリアモリーは、なんと、一夫一妻制の人々よりエロティックな欲求や安心感を満たしやすい傾向があると分かったのだ。

How Eroticism and Nurturance Differs in Polyamorous and Monogamous Relationships

https://econtent.hogrefe.com/doi/10.1027/1864-9335/a000378

パートナーに求める2つのもの

付き合ったばかりのカップルは情熱的で、性交渉の回数も多い。いわゆる「ハネムーン期」と呼ばれるこの期間には、互いに燃えるような欲望を満たし合う。

しかし、関係が長くなるほどそうした激しさは失われていき、代わりに安心感や親密さを求めていくようになる。

Credit: Pixabay

こうした力学はどのようなスタイルの恋愛関係にも当てはまるのだろうか?

研究では、「パートナーの欲求を満たす」といった点において、一夫一妻制とポリアモリーにどのような違いがあるのかといったことに主眼が置かれた。

対象となったのは2,183名の一夫一妻制の人々と、1,168名のポリアモリーであり、彼らそれぞれについてパートナーとの関係の満足感が調査された。

ポリアモリーについては、最もよく関係を持つメインのパートナーと、それよりは少ないが関係を持っているサブのパートナーの両者についての満足感を申告した。

多様化する恋愛関係

その結果、ポリアモリーはサブのパートナーよりもメインのパートナーとの間に深い安心感を覚えていることが分かり、同時にサブのパートナーとの間で性的な欲求を高いレベルで満たしていることが分かった。これは、メインのパートナーだけでなく、一夫一妻制の人々をも上回るものであった。

研究をおこなったRhonda Balzarini氏は、「この研究の大きな収穫の1つは、ポリアモリーが欲求を満たす相手を多様化させているといった発見です。これにより彼らは、2つの世界で最高の体験をすることができるのでしょう」と語っている。

Credit: Pixabay

研究者はさらに、ポリアモリーがメインのパートナーと満足のいく性体験をしていた場合、サブのパートナーとの親密度合いは減少するといった傾向を発見した。

「性」が多様化する現代において、「恋愛」が多様化するのは自然なことだろう。単婚の文化がここまで栄えた理由としては、それが複婚を許容する文化よりも優れている点が多く持つものであることが推測されるが、今の時代において何よりも大事なのは、多様化していくあらゆる事象を受け入れる心の持ちようなのかもしれない。

結局「浮気しやすい人」はどんな人なのか?「女性は自信がないほど浮気する」

reference: zmescience / written by なかしー