都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

虫除け革命! 牛を「シマウマ柄」にするだけで害虫が寄らなくなるという研究

Credit:realclearscience

Point

■アブに咬まれた牛は、食欲低下と睡眠不足を引き起こし、家畜産業に大ダメージを与える存在として知られる

■家畜牛に「シマウマ柄」のペイントを施すことで、アブの付着率が半数に激減した

■シマウマ柄は、虫の目標着地機能をコントロールする「動体探知システム」を狂わせることができる

現在、家畜から害虫を追い払う方法としては、殺虫剤を多量に散布することが一般的です。しかし殺虫剤使用にはコストもかかり、ときに牛や周囲の環境に害を及ぼすこともあります。

そこで今回、殺虫剤をまったく使わない家畜牛への虫除け法が日本の研究チームにより編み出されました。

それはなんと牛を「シマウマ柄にペイントする」というもの。実験では、この方法によって牛に集まる有害なアブを半数以上も激減させることに成功しています。

「コスト削減」「牛や環境への安全性」「発想の斬新さ」と三拍子そろった、まさに革命的な方法です。

研究の詳細は、10月3日付けで「PLoS ONE」に掲載されています。

Cows painted with zebra-like striping can avoid biting fly attack
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0223447

牛にとって厄介な「アブ」の存在

アブ / Credit: rescue

アブ(Biting Fly)は主に家畜牛に群がる害虫で、世界中の牧畜業者の悩みのタネです。

アブに咬まれた牛は食欲の低下や睡眠不足を引き起こし、ひいては命を落とすことに繋がります。

さらにアブに狙われる牛は、お互いにひしめき合って群れをなすようになるので、ストレスレベルやケガのリスクも格段に上がります。

アブによる家畜産業への被害は、アメリカで年間およそ22億ドルの経済的損失を抱えるほどです。

虫の着地能力を狂わせる「シマウマ柄」

そこで研究チームはこの問題を解決する方法として、「シマウマの体模様」を援用する方法を思いつきました。

というのも、これまでの研究により、シマウマ柄は目標着地機能をコントロールする虫の「動体探知システム」を狂わせる効果があることが分かっているのです。

つまり、これを応用することで「アブが牛の体にうまく止まることができなくなる」ことが予想されます。

実験では、6体の黒牛に協力してもらい、3日間ずつ3パターンの模様で効果を試しました。

(a)シマウマ柄、(b)黒ストライプ柄、(c)何もしていない/Credit:journals.plos

1つ目が「シマウマ柄」、2つ目が「黒地の牛に黒のストライプ柄」、3つ目が「何もしない」という3パターンです。ちなみに、ペインティングには牛1頭につき5分ほどしかかからないそう。

パターン2は、虫を追い払う効果がペイント塗料に含まれる化学成分にあるのではなく、アブの目に映る模様にあることを確かめるために準備されています。

ペイント完了後、それぞれ3日間にわたり、「牛の体表に付着する虫の数」および「虫を撃退する牛の行動数」を高解像度カメラを用いて観測しました。

驚異のシマウマ効果

下図を見れば、シマウマ柄の効果は明らかです。

左の「CONT」は何らのペイントも施していない場合、真ん中の「B&W」はシマウマ柄ペイントの場合、右の「B」は黒ストライプの場合に当たります。

なんとシマウマ柄のペイントを施した場合、他の2つよりもアブの付着率が半数以上も激減していたのです。同時に、牛が虫を追い払う動作数も他に比べて、20%減っています。

付着したアブの数(上)と牛の動作数(下)/Credit:realclearscience

リスクのある殺虫剤に対して、シマウマ・ペイント法はコストも時間もかからず、牛の健康や周囲の環境にもまったく無害なものです。さすがに、アブの数をゼロにまで減らすことは難しいようですが、害虫に悩む牧畜業者の方には是非ともオススメされる方法でしょう。

これをさらに応用して、シマウマ柄のTシャツを着れば蚊は寄ってこない…なんて発明ができたら画期的ですね。

シマウマの「シマ」には吸血バエを避ける効果があった! 有力説に新たな証拠

reference: realclearscience / written by くらのすけ