都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

脳に嗅覚機能がないのに「匂い」を判別できる女性たちが見つかる

Credit:depositphotos
point
  • 匂いの識別は、鼻で集められた情報を大脳の先端にある「嗅球」がキャッチすることで初めて成立する
  • イスラエルの研究チームにより、嗅球がないのに優れた嗅覚能力を持つ女性が複数見つかる(その多くが左利き)

目で見、耳で聞き、肌で感じる。

こうした知覚はすべて脳なしでは成り立ちません。目や耳は情報を集めるための入り口であって、実際に景色や音を認識するのは脳の仕事です。

これは「匂い」に関しても同じこと。

鼻で集めた情報を、大脳の先端に位置する「嗅球(olfactory bulb)」がキャッチして初めて「匂い」が意識できるのです。しかし、この科学の絶対常識が覆される事態が今まさに起きています。

イスラエル・ワイツマン科学研究所により、嗅球が存在しないのに優れた嗅覚能力を持つ29歳の女性が発見されたのです。

さらに同じような女性が他に複数人見つかっており、不思議なことにその多くが左利きだといいます。

研究の詳細は、11月6日付けで「 journal Neuron」に掲載されました。

Human Olfaction without Apparent Olfactory Bulbs
https://www.cell.com/neuron/fulltext/S0896-6273(19)30854-2

「嗅球」がないのに優れた嗅覚を持っていた

この事例が発見されたのは、あまりに偶然のことでした。

研究チームが、健常な被験者を複数募り、脳内をMRIで撮影していました。すると、その中の1人の女性(29)に「嗅球」がないことが判明したのです。

ノーム・ソベル研究主任は、「これは実に驚くべき事件だ」と話します。というのも、MRIの前に実施した知覚テストで、彼女は平均より優れた嗅覚機能を持っていると証明されていたからです。

Credit:ja.wikipedia

ソベル氏は、匂いの知覚についてこう説明します。

「従来の知見からすると、匂いの情報は嗅球の表面にマップ付けされます。そして脳がマップを読み取ることで、匂いの認識となります。つまり、嗅球がなければ、匂いを意識することは不可能なのです。」

なぜか「左利きの女性」に多い

研究チームは、この女性と同じ例を探すため、「ヒューマン・コネクトーム・プロジェクト」というデータベースを調査しました。ここには、被験者の嗅覚情報とともに、脳内のMRI画像が1100件以上も保存されています。

その結果、606名いた女性の内、嗅球を持っていない人が3人見つかったのです。内1人は先天性嗅覚障害のため、匂いを識別できないのですが、後の2人は、先の女性のように優れた嗅覚を持っていました。

しかも、その内1人は左利きだったのです。

Aの人には嗅球があるが、B〜Dにはない/Credit:Weiss et al.

研究チームは、この2人の女性に協力してもらい、どのように匂いを認識しているかを調査しました。比較対象として、同年代の女性140人(嗅球もあり、嗅覚も正常)にも同様の嗅覚テストを行なっています。

その結果、2人の女性の嗅覚は、嗅球を持つ女性たちと同じ水準に達していることが明らかになりました。一方で、2人の嗅覚能力の類似度は、他の140名に比べて非常に近いことも分かっています。

Credit:depositphotos

ただこうした現象の多くが、なぜ左利きの女性に見られるのか、また、嗅球がないのになぜ匂いが認識できるのかはいまだに不明です。

ソベル氏は、仮説として2通りの予測を立てています。

「1つは、嗅球を補う能力を脳が幼少期に発達させたということ。これは、脳が従来考えられているより柔軟であることを示します。もう1つは、かなり大胆ですが、嗅球が匂いの識別にそもそも無関係であるということ。もしかしたら嗅球は、匂いの識別とは別に役割があるのかもしれません」

左利きの女性の脳には、何か特殊な発達が起こっているのかもしれません。

常人の100倍「色の数」が見える女性

reference: livesciencesciencenews / written by くらのすけ