都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

米子市上空の光柱、集落の神社に入っていた謎の発光体





読者の1人が興味深い写真を送ってくれた。

夜空に展開する光柱と言う現象をとらえた写真だが、その下に奇妙な飛行物体が写っているのだ。飛行機やヘリコプターとも思えない。ドローンとも違う。可能性としては、スマホの前を虫のようなものが横切った可能性はあり得る。

「昨夜の21:40頃、鳥取市米子市淀江町上空に沢山の上下に光を放つ飛行物体が大量に浮かんでいました。一部しか写っていませんが、この他にも広域に浮かんでいました。今日、確認したら近所の方々も多数目撃しております。全く加工していないので見にくいです。フィルターで見やすくするとこんな感じです。下に黒い別の飛行物体もいます」



「今朝の新聞に珍しい自然現象だという記事が載っていました。光柱という現象らしいです。大変お騒がせしました。下の黒い物体は今だに何なのか不明ですが…。又、山陰にも寄って下さい」

「あと別の話で申し訳ありません。ここら辺はかなりの田舎の集落なのですが、以前、同じ集落の人が光っている物体を追いかけて行ったら集落内にある神社に入って行ったという出来事があり、私もいつか見れるのでは無いかと楽しみにしている所です。又撮影出来たら送ります!」

この黒い物体に関して何か情報持ってる人、招待に関して水路を持ってる人、編集部まで連絡ください。




関連記事
【撮ったUFO】『川崎市の上空に停止する謎の飛行物体』を激写した!
【撮った!UFO】札幌 

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)