都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

科学的に証明された「性的魅力」の源

Credit: depositphotos

「私たちがどんな相手にどんな理由で性的魅力を感じるか?」という謎に、世の哲学者や科学者は長年頭を悩ませてきました。

多くの研究では、理想の相手を探す際に私たちが重視しているのは、「顔が左右対称であるかどうか」や、「ウエストと腰の比率がちょうど良いかどうか」だということが分かっています。一方で、ある特性が魅力的に映るかどうかは、本人が相手との間に求める関係性の種類によることを示唆する研究も存在します。

たとえば、ある調査では、短期的な関係を求める女性が、顔に傷跡を持つ男性の方をそうでない男性よりも魅力的だと感じるのに対し、長期的な関係を求める女性の場合はその逆であることが分かっています。

また、別の調査では、長期的な関係を求める女性の間では、あごひげを蓄えた男性の方が人気が高いことが示されています。…ということは、ひげを綺麗に剃り、かつ顔に傷跡のある男性が、一夜限りの関係をより長続きさせたいと思ったら、あごひげを伸ばして、傷跡を隠せば効果があるのかも(!?)しれません。

誰しも心当たりがある「男女あるある」

2人の人間が幸せな関係を維持したいと思う時、特にすでに友人関係にある場合には、その関係性の定義を明確にした方が良さそうです。

Credit: depositphotos

男性が性的関心をほのめかす時に、女性がそれを友好的な表現だと思い込んだり、その反対に、女性の友好的な表現に出くわした男性が、性的関心の表れだと勘違いする…これらはまさに「男女あるある」ですね。女性に比べて男性の方が、異性の友人を魅力的だと感じる傾向が強い理由が伺えます。

さらには、「女性は自分に対する関心レベルが曖昧な男性にもっとも惹かれる」という、なんとも厄介な現実も明らかになっています。

異性に魅力を感じる時、相手のどこに視線を向ける?

女性と比べて男性は、異性を魅力的に見せるものに対する、分かりやすく、かつ身体的な定義を持つ傾向が強いことに、多くの人はすでに気づいていることでしょう。

Credit: depositphotos

ある調査では、人は愛情を求めている時は相手の顔に目を向けるのに対し、性的欲求が動機になっている場合は相手の身体に目を向ける傾向があることが示されています。

また、私たちがロマンチックな関係の候補者の胸から上をよく見るのに対し、友だちゾーンに留まっている相手の場合には脚より下に注意を向けるという調査結果もあります。

いよいよデート! 何を着て、何を食べたらいいの?

事がうまく運んで、めでたく初デートに漕ぎ着けた時、私たちは赤や黒の服を身に着ける傾向があります。中でも赤い色は、それを着た本人にとっても、周囲にとっても、本人をより魅力的に見せる効果があります。

また、レストランでどんな食べ物を注文するかも重要です。女性は、甘いものを食べている時よりも、スパイシーな料理を味わっている時の方が、デート相手をより魅力的に感じることが、科学的に証明されているからです。

Credit: pixabay

さらには、飲み物の量も鍵になります。グラス1杯分のお酒を飲む人は、お酒を一切飲まない、または2杯以上のお酒を飲む人よりも、相手の目に魅力的に映ることを示した実験があるのです。アルコールの効果でよりリラックスして見え、顔色が良く映るからかもしれません。

「形の良いお尻も、左右対称な整った目鼻立ちにも自分には無いよー」と思い悩むそこのあなた。赤い服を身に付けて、1杯のワイン片手にスパイシーなカレーを食べるところから始めてみてはどうでしょう?

カップル間の「お誘い」のサイン、男性はやはり見落としがちだった

reference: theatlantic / written by まりえってぃ