都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

私の連続金縛り体験 

投稿 あずまきょうとさん

高校三年の夏の深夜、照明を付けたまま仮眠を取ろうとして、ベッドに横たわった時です。ほんの30分ぐらいの間に3回連続で、キーンと言う耳鳴りと息苦しさを伴う金縛りに遭いました。

特に3回目は、左半身を下にしてタオルケットをかけた状態で横になっていたら、右足の足首から膝がしらにかけてタオルケットが「サー」と言う衣擦れ音をさせ、波打ちながら撫で上げられる感触と様を照明下で目視した時の恐怖体験は忘れられません。

関連記事

初めて金縛りになった時、耳元で台風のような激しい風の音が聞こえた

2回目の金縛りが解けた時に、嫌な気分を振り払う為に1階の台所に降りて水を飲んでいるので「身体が寝ていて意識のみ起きている」と言う説は私には当てはまらないと思います。

また、就寝時に金縛りにあったので時は、目を見開いて霊体を目視しようと試みましたができませんでした。私は見えない体質の様です。

心霊体験が無い人の中には、「金縛り体験と言うのは身体が寝ていて意識のみ起きている」と結論づける人もいましたが・・・。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Niek Verlaan PIXABAY