都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

生田絵梨花の“赤ちゃん化ムービー”に反響!「可愛いが限界突破」「最高かよ」【動画】

乃木坂46・生田絵梨花(22)の写真集「インターミッション」(2019年1月22日発売)の公式ツイッターが、2019年6月2日付の投稿で、同写真集の上半期売り上げ1位を報告するとともに、アプリで“赤ちゃん化”した生田の動画を披露している。

ネット上では「めっちゃ可愛いやん!」、「可愛いが限界突破」、「赤ちゃん化ランキングでも1位を獲得しましたね!」などと、絶賛の声が挙がっている。

※「喜びのあまり赤ちゃんになってしまった生田さん」。

その動画がコチラでみられる(↓)。

【動画】 生田絵梨花・赤ちゃん化
(※情報元:生田絵梨花写真集ツイッター)

「皆さん、「インターミッション」上半期1位、ありがとうございます」と挨拶する生田の“赤ちゃん化ムービー”。

パッチリとした目や、膨らんだほっぺなどがキュートで、動きに合わせた表情の変化に違和感がない加工クオリティにも驚きです。

おそらくスマホ向けアプリ「Snapchat(スナップチャット)」の加工機能「子供フィルター」(赤ちゃんフィルター)を使ったもので、最近巷で流行しているようです。

ツイッターでは、「どうしてそんなにかわいいの?」、「赤ちゃんいくちゃんとか聞いてないっ」、「なんてことをやってくれたんですか本当に最高かよ」などと、絶賛の声が出ていた。

そんな生田絵梨花も所属する乃木坂46は、2019年もアルバム「今が思い出になるまで」(2019年4月17日発売)やシングル「Sing Out!」(2019年5月29日発売)をリリースし、台湾公演「NOGIZAKA46 LIVE in Taipei 2019」(2019年1月27日:台北アリーナ)や、バースデーライブ「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE」(2019年2月21日~24日:京セラドーム大阪)を開催したほか、今後も全国ツアー「乃木坂46 真夏の全国ツアー2019」(2018年7月3日~9月1日:全国4会場9公演)を控えるなど、その勢いは衰えを知らない。

また生田単独では、舞台「ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812」(2019年1月5日~27日:東京芸術劇場プレイハウス)や舞台「ロミオ&ジュリエット」(2019年2月23日~3月10日:東京・東京国際フォーラム、3月30日:大阪・梅田芸術劇場)に出演したほか、現在は舞台「レ・ミゼラブル」(2019年4月19日~5月28日:東京・帝国劇場、6月7日~25日:愛知・御園座、7月3日~20日:大阪・梅田芸術劇場メインホール、7月29日~8月26日:福岡・博多座、9月10日~17日:北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru)の真っ直中となるなど、舞台女優としての活躍が著しい。

そうしたなか、生田自身2冊目の写真集「インターミッション」(2019年1月22日発売)が、「第12回 オリコン上半期“本”ランキング 2019」で写真集部門の1位に輝いた。

同写真集の期間内売上は27.5万部で、これは2017年に記録された乃木坂46・白石麻衣の写真集「白石麻衣写真集 パスポート」の20.1万部を上回る、歴代1位の上半期売上でもあるだけに快挙といえる。

1万部売れればヒットといわれる写真集市場で圧倒的な存在感を示した格好ですし、まさに乃木坂46の顔として今後もグループを牽引してくれそう。

※もう見てくれましたか?

★すっかりおなじみ!芸能界の裏話はこちらでどうぞ

★関連記事

人気ブログランキング