都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

牛が何者かに殺された…オレゴン州でキャトルミューティレーション騒動

牛などの家畜が変死状態で発見されるキャトル・ミューティレーション。宇宙人のしわざとも野性動物によるものとも言われているが、現在オレゴン州で大規模なキャトルミューティレーションが発生して地元の人々が不安を抱いている。

シルビーバレーランチは、オレゴン州最大の郡であるハーニー郡にある14万エーカーの敷地をもつ農場だ。

関連記事

牛の大量死は「キャトルミューティレーション」か!?




7月末に最初の雄牛の死体が発見されたのだが、当初は病気や足の骨折で死んだものと思われていた。しかし、24時間以内にさらに4頭の死んだ雄牛が発見されたことにより、人々は何らかの異常事態が起きているのではないかと考えるようになった。牛たちに傷はなく、争ったりした様子もなかった。また、雄牛の性器と舌は綺麗に取り除かれていたという。

今回死亡した牛はいずれも健康体で成熟したヘレフォード種の雄牛。事態を重く見て、オレゴン州東部での複数機関が牛たちの死について調査を行ったが、死因はまだ特定に至っていない。

「誰が、どのようにしてこれらの雄牛たちを殺したのか解りません。亡くなる兆候も襲った生物の足跡や闘争跡などの痕跡も、何も残さないずに実行できる方法は私には考え付きません」とシルビーバレーランチの副社長コルビー・マーシャル氏は語る。




今回の事件は1970年代にアメリカ西部で起きた家畜殺害・切断事件であるキャトルミューティレーションに似ているという。政府の陰謀やUFOのしわざと言われたりもしたが、結局自然死や野性動物に食われたものという結論が出ていた。

しかしSilvies Valley Ranchの状況は、雄牛につけられた切り傷があまりに正確なもののために、犯人が人間である可能性も高いと考えられている。仮説にすぎないが、何者かが毒や麻酔薬を使用して殺害した可能性があるのではないかというのだ。

現在シルビーバレーランチは、雄牛殺害に関する情報に対して25,000ドルの報奨金を投じ、一刻も早い犯人の逮捕と有罪判決を願っているという。またオレゴンキャットマンズアソシエーションは、犯人を見つけた人物に対して1,000ドルの報奨金の提供を約束している。

関連動画
Gruesome Livestock Mutilations | The Unexplained Files

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©skeeze PIXABAY