都市伝説・オカルト

煙のリングか…それともUFOのポータルか?湖に浮かぶ謎のリング状物体





オーストラリアにて、奇妙なUFOの動画が撮影された。

こちらは4月25日、ノースクイーンズランドにあるバリーン湖を訪れた人物が撮影したものである。薄い雲の中に黒いリング状の物体が出現、他の雲と違ってその場に停滞して動いていないように見える。

関連動画
Ufo Australia, Part 1 Lake Tinaroo/Lake barrine 25th april 2019






果たしてこの物体は何なのか。撮影者らはUFOではないかと考え、Youtube上に動画を投稿したようだ。

この動画は地元オーストラリアを中心に注目を集め、多くの人々が正体についてコメントを寄せる結果となっている。地元のメディアであるDaily Mail AustraliaもこのUFOについて取り上げ、撮影者にインタビューを行っている。それによると、撮影者は自分たちが撮影したUFOについて「むしろ空間を移動するためのポータルだったのではないか」と考えているようだったそうだ。




雲の中に出現するリング状UFOといえば、地上で火災や爆発が生じた際に生じるリング状の煙がよくUFOと誤認されるが、あちらは数秒から数十秒ほどしかリング状の形状は保てず、ゆっくり上昇しながら次第に歪んだり薄くなって消えてしまうものなので、今回のように一箇所で停滞したままというのは珍しい。

果たして、この飛行物体の正体は何なのだろうか。

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像&動画©UFO Tablelands Australia / YouTube