都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

女優B、モノ凄い存在感…異彩放つ演技力…でも漢字は読めません!

もの凄くベッピンというわけではないが、一度見たら忘れることの出来ない女優B。またその演技は折り紙付きなのだが、業界内では「漢字が全く読めない」ことで有名である。

Bは数多くのドラマや映画に出演した過去があるが、事前に渡される台本はB専用の特注で、セリフは全てフリガナ付きなのだ。

関連記事

「ケンカ上等」元ヤン女優X、超美貌のウラに隠された真実…




さらにはト書き(動作の指定)においては読解力も乏しいために、まるでお母さんが子供の宿題を手伝うように、撮影監督がわざわざBの台本に直々に場面のイラストを書き込んだり、その場で演技指導を助けないと撮影が進行しないという。

女優Bは、いわゆる「おバカ」の部類であることは間違いない。しかし、誰にも真似できない天才的な演技をすることは世間が認めるところであり、映画からドラマに至るまでオファーが絶えることはないという。

では、なぜBはそのようなおバカさんに育ってしまったのか…。

実は、Bは中学時代からかなりのヤンチャをし始め、高校時代には学校にほとんど通わずに荒れた青春を過ごしていたらしい。そのためか、学校で受けるはずだった基礎知識のほとんどが身に付かず、いい歳に近くなった今も自身の不出来に苦労しているというのだ。




医者のドラマに出演すれば「輸血」という漢字が読めず「りんち」と読み間違え、学園ドラマでは「首席」を「くびせき」と言い放つなど、現場ではNGが続き問題になったという。

それ以来、Bに渡す台本は事前に撮影スタッフとマネージャが顔を突き合わせてフリガナをつけていく決まりになったという。

それでもここ数年は本人も人目を気にしているのか、自宅では小学校高学年の漢字ドリルで猛勉強をしているらしく、最近では中学卒業レベルまでの漢字はようやく読めるようになったという。

天才女優も陰では血の滲むような…とそこまでではないが、それなりの苦労はしているようである。

(若葉イチロウ ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©Rondell Melling PIXABAY