都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

水と空気と電気でつくれる未来の食事が誕生! 宇宙でもグッドプロテイン

Credit:solarfoods

Point

■フィンランドの企業が、水と空気と電気から粉末の食用タンパク質を生産する技術を開発した

■微生物を利用したこの技術は、食糧生産における環境への影響が非常に軽微で、食糧問題・環境問題の解決に貢献する可能性がある

■宇宙食への利用も検討されており、3Dプリンターと組み合わせることでSF作品のレプリケーターのような食料合成装置も実現できるかもしれない

現在世界の二酸化炭素排出量の約4分の1は食糧生産によるものといわれている。

さらに国連の試算によると、世界の食料需要の増加に伴って今世紀の半ばまでに50〜70%の食糧増産が必要だ。

今後人類がいかに食料を確保していくかは、世界の重要課題の1つなのだ。

こうした食料問題に対して、「お菓子が無いなら昆虫を食べればいいじゃない」的な発言をする研究者もいるが、正直きつい。

そんな中、この食糧問題に光を当てる新技術の開発に成功した企業がフィンランドに現れた。

それは微生物を使って、水と空気と電気だけで小麦粉のような食用タンパク質を生産する技術だという。なんとエコロジー。これにはヴィーガンもにっこりだ。

この技術開発は、フィンランド国立技術研究センター(VTT)とラッペーンランタ大学の研究支援を受けたソーラー・フーズ(Solar Foods)から発表されている。

INTRODUCING THE NATURAL PROTEIN REVOLUTION
https://solarfoods.fi/

水と電気と二酸化炭素 あと微生物

Credit:solarfoods

開発された新しい食品は「ソレイン」と呼ばれている。

これは50%のタンパク質と10%程度の脂肪、25%程度の炭水化物を含有していて、見た目は小麦粉に似ており、きちんと味もするという。

製造方法はビールの醸造に似ている。土壌由来の微生物を含んだ液体に、水素と二酸化炭素の泡を供給し、カリウム、ナトリウム、リンなどのミネラル分を加えることで、微生物にタンパク質を生産させるのだ。

水素は水を電気分解して作り出すため、電力はここに利用されている。

この生成物を熱処理して乾燥させることで、天然のタンパク質粉末を得ることができるのだという。

これは1キログラムおよそ5ユーロ(約612円)で生産できるらしい。しかも気候条件に制限されることもなく、耕地や灌漑も当然ながら必要ない。砂漠や極地でも食糧を作ることが可能になる技術なのだ。

非常にエコで、同時に経済的で、食糧難の国々にも利益がある。なんだかいい事づくしのようだ。

未来の食事

ソレインは小麦粉のような粉なので、パンの生地の様に利用したり、肉の繊維の様に成形して利用することも将来的には可能だという。

SF作品の『スタートレック』には、食品を合成する機械レプリケーターというものが登場するが、3Dプリンターとの組み合わせで自在に食品を作り出すことも可能になるかもしれない。

Credit:startrek.com © CBS Studios Inc.

…といっても、そんなプロテインだけで食っていくなんて無理があるんじゃないか、と思うかもしれない。

しかし、実は我々は多種多様な食事をとっているようで、よくよく見てみると割と同じようなものしか食べていない。

実は世界の食料の実に75%が、12種類の植物と5種の動物で賄われており、特に植物から得られるカロリーとタンパク質は「米・トウモロコシ・小麦」の三種だけで60%を占めているという。

Credit:pixabay

こうした食品の組み合わせで、未来の食事が作られるようになる可能性も十分にあるということだ。

ソーラー・フーズ社はこのソレインについて、2021年からの商業生産開始を目指しており、2年以内にはこのソレインを利用した商品がスーパーマーケットに並ぶだろうと話している。

宇宙時代へ向けた展望も

ソレインという食品の大元のアイデアはNASAが最初に提案したものだという。

確かに、僅かな原料で気候の影響を受けない食糧生産は、宇宙開発に無くてはならない技術だ。

そのため、火星の有人探査が実現すれば、この技術は宇宙食として採用される可能性が高いという。

実際、欧州宇宙機関がこの商品技術の実用性について、同社に接触して調査を行っている。

確かに火星でサバイバルしようにも、昆虫も何もいないのでは、食料が得られない。

まさにこれは宇宙サバイバル生活のための「good protein!(貴重なタンパク源)」だ。

究極のサバイバルテクニック
ベア・グリルス
朝日新聞出版 (2014-04-18)
reference:theguardian,vice,外務省/ written by KAIN

投稿 水と空気と電気でつくれる未来の食事が誕生! 宇宙でもグッドプロテインナゾロジー に最初に表示されました。