都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

毎日「手作業」で200年以上気象観測を行なっている観測所がある

左奥がラドクリフ天文台の施設/Credit:bbc

Point

■オックスフォード大学内に、1813年から毎日、手作業で気象観測を行なっている観測所がある

■起源は同大学内で250年前に設立されたラドクリフ天文台に始まる

■長期的な観測のおかげで、200年以上にわたる地球の気候変化に関する貴重なデータが得られている

愛されて200年。

英・オックスフォード大学内にある観測所では、1813年から1日たりとも欠かすことなく気象観測が行われている。

しかも自動化が進む世の中に反して、日射量・降雨量・温度測定まですべて手作業で観測しているというのだ。

現在、観測を引き受けているのはオックスフォード大学博士課程に在籍するエマ・ハワードさん。エマさんは雨の日も風の日も、毎朝9時きっかりに観測作業を行うという。もしエマさんが出れない日は必ず代わりの誰か引き受けている。

「伝統ある観測に関われるのはとても光栄ですが、何か間違いをして台無しにしてしまわないかいつも不安です」とはエマさんの言葉だ。

歴史ある観測はどういった経緯で始まったのだろうか。

起源は250年前に遡る

この観測はオックスフォード大学が1930年代まで運営していたラドクリフ天文台の施設で行われている。ラドクリフ天文台は同大学の中心部に位置する大学院グリーン・テンプルトン・カレッジの敷地内にある。

設立は、同大学の天文学者だったトマス・ホーンズビー(1733-1810)がきっかけとなっている。ホーンズビーは同大学で教授職に就いていた1767年に、ラドクリフの公益信託団体に大規模の天体観測所を作るよう嘆願書を出したのだ。

彼は天国という存在に興味があり、夜空の星を正確に観測するためには大気の乱れを考慮し、天候を観察できる設備が必要だった。彼が1776年に観測した記録が今も残されている。

ホーンズビーの観測記録、日付は1776年1月30日/Credit:DIRECTOR OF THE RMS, OXFORD

こうしてラドクリフ天文台は1773年にめでたく設立され、現在でも続く手作業での観測自体は1813年11月14日から始まったそうだ。

その後、オックスフォードの天候条件が観測に適していないといった理由で、1970年代に南アフリカ天文台に統合される。ただ建物自体はそのまま残されて現在に至っている。

継続は力なり

およそ200年以上に渡る観測期間はイギリス国内で最長であり、世界でも有数の長さであるという。

そのおかげで1800年代初期〜現在までの詳細な気候変動のデータが得られている。こちらの画像はオックスフォード大学が作成した「気候ストライプ」と呼ばれるものだ。

気候ストライプ/Credit:bbc

1814年から2018年までの年間平均温度が左から順に色で示されている。濃い青色が「低気温」、濃い赤色が「高気温」を意味する。これを見れば年を経るごとに気温が上がっているのが一目で分かる。

実際、1850年当時のオックスフォードの年平均気温は9.5~10°C程度だったが、現在では平均で約10.5~11°Cとなっている。しかもオックスフォードの気温変化は、地球の平均気温の変化よりも1.6倍大きいそうだ。

黒線がオックスフォード、赤線が地球平均/Credit:bbc

こうした長期的なデータは、将来の気候変動を予測する点でも重要なデータとして注目されている。

自動観測が進む時代に手作業で行う気象観測は貴重なものとなってきている。

手作業の苦労を語るエマさん/Credit:bbc

しかし観測をするエマさんの重圧は相当なものだ。特に雪が降り積もっているときの降雨量観測は注意が必要だと話す。「雨量計の中で凍った雪を溶かすために熱湯を注ぐのですが、熱湯分を一緒にカウントしてしまわないように注意しなければなりません」

手作業ならではの苦労話だ。

寒すぎて温度計が壊れる!? 世界一寒い村 「オイミャコン」

reference: bbc / written & text by くらのすけ