都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

死んだはずの木が「ゾンビ」のように生き続ける不思議な現象

Credit: Sebastian Leuzinger / iScience

Point

■周囲の木々から水や栄養分を得ることで生存している1本の切り株がニュージーランドで発見された

■「木が切り株になる以前に接ぎ木が行われた」と仮説

■木と木が結びつくことでより強固に地面に固定され、より均衡の保たれた栄養源の分配が可能に

まさに気になる木。

ニュージランドにある1本の切り株が、根を周囲にある他の木々に接ぎ木して、そこから水や栄養分を得ることで生きながらえていることが分かりました。

オークランド工科大学のセバスチャン・レウツィンガー、マーティン・ベイダー両氏による論文が、7月25日付けで雑誌「iScience」に掲載されています。

Hydraulic Coupling of a Leafless Kauri Tree Remnant to Conspecific Hosts
https://www.cell.com/iscience/fulltext/S2589-0042(19)30146-4

木が織りなす社会

発見のきっかけは、2人がオークランド州の郊外をハイキングしていた時、奇妙な切り株に遭遇したことでした。

この地域によく生息するカウリマツという種の切り株が存在すること自体は驚きではありませんが、彼らの度肝を抜いたのは、その切り株が1枚も葉を付けていないのに生きていることでした。

木の生存と成長には光合成が不可欠ですが、葉がなければ光合成は行われないため、理論上は生きることができないのです。

Credit: Sebastian Leuzinger / iScience

そこで研究チームは、切り株とその周囲にあったすべて同じ種に所属する木々の水の流れを測定しました。すると驚いたことに、切り株に流れていた水は周囲の木々から移動して来ていたのです。このことは、木と木が互いに接ぎ木され、周囲の木々がそれを支えていることを意味します。

これは、「大気の水ポテンシャルによって機動される水が流れる」という通常の木々の機能とはまったく異なります。この切り株は蒸散する葉を欠いているわけですから、周囲の木々に頼るしかありません。

「超個体」としての木

切り株にとってはそれが生存への唯一の道であることは明らかですが、では周囲の木々は一体どんなメリットがあってこの「おじいさん」を生かしているのでしょうか?

レウツィンガー氏は「この木が切り株になる以前に接ぎ木が行われた」という仮説を立てています。このことは、すべての木にとっていくつかの利点をもたらします。

第一に、木と木が結びつくことでよりがっちりと地面に固定されることです。これは、カウリマツが生息する急斜面においては重要です。

第二に、木々が互いに栄養分を共有することで、より均衡の保たれた資源の分配が可能になります。

Credit: Sebastian Leuzinger / iScience

集団の中で役割を果たしていた1本が、ある日その機能をストップした時、このことに周囲の木々は気づかなかったのかもしれません。もしくは、気づきながらも、その木をサポートしつづけてきた可能性もあります。

この仮説が本当だとしたら、「木は単なる個体を超えた『超個体』として存在しているのではないか? 木の『社会』というものが存在するのではないか?」という興味深い問いが浮上します。

ただし、木々の相互接続性にはマイナス面もあるため、この問いはそう単純ではありません。たとえば、この方法は水や栄養分の不足を集団で乗り切るためには確かに役立ちますが、ある個体が病気になるとただちにそれが蔓延してしまうというデメリットもはらんでいます。

気候変動によって干ばつが深刻化し、その頻度も増す状況の中、この分野の研究はますます求められています。「今回の発見は、木々の生存や森の生態に対する私たちの見方を変えるでしょう」と、レウツィンガー氏は語っています。

 

reference: zmescience / written by まりえってぃ