都市伝説・オカルト

柏餅の葉っぱは食べないのが正しい!魔除け・子孫繁栄の意味





日本には季節に応じて様々な儀式があり、それぞれ意味がある。

5月5日の端午の節句と言えば、菖蒲湯に入り、柏餅を食べるのが常だ。柏餅の中に入れる餡は、こし餡、つぶ餡、みそ餡という種類がある。

関連記事

端午の節句の菖蒲湯は魔除け! 元々は女性の祭り「ふきごもり」?






先日、菖蒲湯についてはコラムを記した。この柏餅の意味についても記しておきたい。柏餅には「子供が元気に育つ」という思いが込められている。また、単純に魔除けの意味があったり、柏の木は枯れても葉っぱが落ちないことから「子孫繁栄の願いが込められている」とも解釈できる。さらに、ちまきが男性器、柏餅が女性器であり、男女和合の意味合いも含まれているらしい。

柏の葉の表が外に向いているのが小豆餡であり、柏の葉の裏が外に向いているのが味噌餡である。

まれにこの葉っぱを食べてしまう人がいるが、これは食べるものではない。さらに地方によっては柏餅以外を食べる地方もある。北海道では「ベコ餅」、 徳島県脇町では「麦だんご」、南九州では「あく巻」を端午の節句に食べる。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©山口敏太郎 山口敏太郎タートルカンパニー