都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

東洋人と西洋人の思考様式の違いは「コンテクスト」にあるとする新説

Credit:pixabay

Point

■東洋と西洋の思考スタイルの文化差は、コンテクストの高低差に起因する

■コンテクストは対話者同士が暗黙の内に共有するルールであり、それへの依存度が高いほど「高コンテクスト文化」となる

■異文化交流が活発なほどルールが共有されない「低コンテクスト文化」が生じやすくなる

これまで思考の文化差は、東洋の「集団主義文化」、そして西洋の「個人主義文化」という区分で片付けられることが多かった。

ところが、大阪市立大学大学院などの新たな見解によると、思考スタイルの差は東洋の「高コンテクスト文化」と西洋の「低コンテクスト文化」に原因があるとのこと。

果たしてコンテクストの差とはどのような違いなのだろうか。

研究は大阪市立大学大学院とアラブ首長国連邦のウロンゴン大学ドバイ校の共同で行われ、詳細は5月26日付けで「Journal of Cognitive Psychology」に掲載されている。

Explanations for cultural differences in thinking: Easterners’ dialectical thinking and Westerners’ linear thinking
https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/20445911.2019.1626862?journalCode=pecp21

東洋は集団的思考、西洋は個人的思考

東洋人は、西洋人に比べてコミュニケーションに何らかの矛盾があってもそれを受け入れる傾向が強いとされている。

その具体例が、「過度の卑下は半分自慢」ということわざだ。

1つの文の内に矛盾を含むことわざは東洋に多く、西洋ではあまり好まれない。つまり、東洋は矛盾を受容する考え方、西洋はルールを厳密に重視する考え方を好むということだ。

Credit:pixabay

この文化差はこれまで、東洋が集団主義的であり、西洋が個人主義的であるからだという理由で説明されてきた。

集団主義とは、自分をグループの一部と見なし、個人の利益よりも集団の利益を優先するという考えだ。反対に個人主義とは、自分を家族や友人から独立した存在と見なし、他者の利益よりも個人を優先するというものだ。

しかしこの区分けは、南米のように集団的だが矛盾を受容する考え方は好まないという国について説明することが不可能であった。そこで研究チームが提唱したのが、文化差をコンテクストの状態によって説明するというものだ。

コンテクストの共有とは?

コンテクストとは、対話者がお互いに共有している暗黙の了解のことだ。その依存度が高いほど「高コンテクスト文化」となる。

例えば関西の人は「USJ」を「ユニバ」と言うことが普通である。関西人同士の会話で、「明日、ユニバ行く?」「いいよ」となるとコンテクストが共有されているということだ。

しかし、もしその文化を知らない関東人に「ユニバ行ったことある?」と言ったとしても通じない。これはコンテクストの共有に失敗している例である。

Credit:pixabay

このようにコンテクストの共有レベルが低い状態を「低コンテクスト文化」と呼ぶ。つまり、異文化交流が活発な地域ほど、低コンテクスト状態が生まれやすいというわけだ。

一般的に高コンテクスト文化に属するのは日本や韓国などの東洋圏、低コンテクスト文化に属するのはヨーロッパやアメリカといった西洋圏となり、ほぼ一貫した説明が可能となるという。

日本と中国のコンテクスト差

さらにコンテクスト区分のメリットは、日本と中国との文化差を説明できる点にある。もちろんコンテクストの文化差は東洋圏内でも生じる。

両国の比較文化研究によると、日本人の方が中国人よりも矛盾を受容する思考スタイルを好むことが分かっている。しかしこれを日本の方が集団的だからと説明するのは不可能である。なぜなら中国の方が集団的な民族だからだとチームは説明する。

ところがコンテクスト状況を考えてみると、日本の方が圧倒的に高コンテクスト文化に属しているのだ。

Credit:pixabay

理由は2つ。

1つは日本語の方が中国語よりも圧倒的に主語が省略されやすいということ。

主語というのはコンテクストの共有による復元が可能であればあるほど省略されるものだ。つまり日本人の方が主語の理解をコンテクストに委ねている傾向が強いのである。

もう1つは中国の方が遥かに異文化交流の歴史を持っているということだ。

漢民族により統一されたとはいえ、歴史的には異文化交流が盛んであったのは事実。つまり中国では低コンテクスト状態が育ちやすいという歴史的背景があったのである。

急速な国際化による高コンテクスト文化の危機とは?

この研究は実践面での利用が期待されている。

例えば日本のような高コンテクスト文化では産業化やグローバル化が急激に進展することで、都市に移り住んだり外国人が移住して来るようになった。つまり低コンテクスト状態が生じやすい社会へと変貌しているのだ。

こうした変化の速さについていけなくなると、コンテクストを共有できないコミュニケーションの機会が多くなってしまう。これが深刻化し、見知らぬ他者への不安や敵意、恐怖感が高まると、無縁社会や引きこもりの原因になるという。

Credit:pixabay

実際、「ひきこもり」の人が多いのは日本や韓国、台湾であり、いずれも高コンテクスト文化に属する国である。要するに高コンテクスト文化ほどグローバル化が進むにつれて社会的な問題が生じやすいというわけだ。

そのような危機を回避するためにも、コンテクスト研究は日本にとって欠かせないものとなるだろう。

「内向的」「外向的」は脳の仕組みからして違う

reference: research-er / written  by くらのすけ

投稿 東洋人と西洋人の思考様式の違いは「コンテクスト」にあるとする新説ナゾロジー に最初に表示されました。