都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

映画『飛んで埼玉』ヒット受けて「なぜか埼玉」さいたまんぞう、奇跡の復活!





魔夜峰央(まやみねお)の名作である「飛んで埼玉」が武内英樹監督の手により映画化され、あまりの馬鹿映画ぶりにスマッシュヒットを記録している。

二階堂ふみ×GACKT主演!映画『翔んで埼玉』予告編

世の中が埼玉県を見直す動きも出てきており、地元への経済効果もかなり期待されている。




ちなみに埼玉=ダサイたまと言い出したのはタレントのタモリである。ニツポン放送のオールナイトニッポンにおいてパーソナリティーを務めていたタモリは、名古屋弁をいじったり、埼玉を馬鹿にしたりしていた。

1980年、タモリのオールナイトニッポンにおいて、視聴者たちを爆笑に追い込んだある名曲がある。それが、さいたまんぞうの「なぜか埼玉」であった。




意味不明の歌詞と惚けたボーカルが若者にバカうけし、当時12万枚のヒットにつながった。この「飛んで埼玉」のヒットを受けて、御歳70歳のさいたまんぞうに再び注目が集まっている。本人もやる気になっているみたいであり、再ブレイクを狙っているようだ。

関連動画
「なぜか埼玉」 くるくるBROTHERS LIVE さいたまんぞう氏飛び入り!! No,2/2

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『映画『翔んで埼玉』公式ガイドブック