都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

手塚治虫、緑風荘の火災を予言していた!?

投稿 匿名希望

こんにちは。
いつもアトラスラジオ楽しく聴かせて頂いています。

僕は手塚治虫先生のファンなのですが、手塚治虫先生の短篇には怪奇物や妖怪物が数多くあります。

御存知かもしれませんが、そんな作品の中で、「いないいないばあ」という座敷わらしについて書かれた短篇作品があります。

話の中で座敷わらしの出る旅館が最後に火事になってしまうのですが、2009年10月4日に、岩手県二戸市金田一の「緑風荘」
という座敷わらしが出ると言われている旅館が実際に火災にて全焼してしまうという事が起きました。

関連記事

金田一温泉・緑風荘の座敷わらしは二人いる!?




宿泊客21名は全員避難して無事であったのですが、これも座敷わらしのご加護ではないか? という噂もあります。

火災のニュースをテレビで見た時、僕は一番にこの話を思い出し、なにか予知的なものを感じ、唖然としてしまいました。

この事について敏太郎先生の思う事や感じる事があれば是非、お聞かせ頂ければ嬉しいてです。よろしくお願いします。

関連動画
「座敷わらし」で有名な岩手県の老舗旅館が全焼(09/10/05)

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『手塚治虫「日本文化」傑作選(祥伝社新書)