都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

広瀬アリス、膝上に乗る本田翼との“仲良しショット”を公開!「翼の椅子のアリス」【画像】

女優・広瀬アリス(24)が2019年6月15日付のツイッターで、「また上乗るじゃん」のコメントとともに、ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系、2019年4月期)で共演した女優・本田翼(26)とのオフショットを公開している。

ネット上では「画面いっぱいにカワイイが溢れてますね」、「ohhh... 翼の椅子のアリス~」、「乗り心地がいいんでしょうなあ。笑」などと、絶賛の声が挙がっている。

※アリスさんの膝の上の安心感。

その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 広瀬アリス&本田翼・2ショット
(※情報元:広瀬アリスツイッター)

歯ブラシを加え、いたずらっぽく微笑む本田(右)が、マネキンのように無表情の広瀬(左)の膝に乗っている“美女2ショット”。

歯磨き中に膝の上に乗ってしまうほど一緒に居て落ち着くのでしょうし、ドラマの撮影が良い雰囲気で進んだこともうかがえます。

ツイッターでは「横顔綺麗すぎ」、「本田さんにとって膝の上は落ち着く場所なんですね」、「よし!代わってやる!」などと、絶賛や羨望の声が出ていた。

ちなみに広瀬は2019年4月28日付のツイッターでも、ひざまくらで気持ちよさそうに寝そべっている本田との2ショット写真を披露していた。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 広瀬アリス&本田翼・2ショット(2019/4/28)
(※情報元:広瀬アリスツイッター)

やはり本田さんにとって、広瀬さんの膝の居心地は最高級クラスのようです。こちらにも、ネット上では「2人の仲の良さが滲み出てます」、「もうYou達、付き合っちゃいなよw」、「場所変わってください」などと、絶賛の声が出ていた。

そんな2人が共演したドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(フジテレビ系、2019年4月期)は、現在「グランドジャンプ」で連載中の漫画「ラジエーションハウス」(原作・横幕智裕、作画・モリタイシ。既刊8巻、2019年6月19日現在)が原作で、窪田正孝の“月9”初主演作としても注目を集めた。

キャスト陣は、窪田正孝が甘春杏(本田)に思いを寄せる天才放射線技師・五十嵐唯織を、本田翼が甘春総合病院の放射線科医・甘春杏を、広瀬アリスが唯織(窪田)の同僚の新人放射線技師・広瀬裕乃を、山口紗弥加が男勝りな放射線技師・黒羽たまきを、遠藤憲一がギャンブル好きな放射線技師長・小野寺俊夫を、鈴木伸之が将来有望なイケメン整形外科医・辻村駿太郎を、浅野和之が地位や名声をほしがる診療部長兼放射線科長・鏑木安富を、和久井映見が甘春総合病院長・大森渚を、それぞれ演じた(情報元:ドラマ公式サイト)。

平成最後かつ令和最初の月9ドラマという触れ込みでも注目されたが、平均視聴率は第1話が12.7%とまずまずのスタートを決めると、中間も堅調に推移し、最終話(第11話)はドラマ最高の13.8%で有終の美を飾った(全話平均12.1%。情報元:ウィキペディア)。

また今後も、スペシャルドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~『特別編』~旅立ち~」(フジテレビ系、2019年6月24日)が放送予定となるなど、好調の勢いを来週まで持ち込むようだ。

広瀬と本田はいずれもファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」の専属モデル出身であり(広瀬は2009年~2015年。本田は2006年)、過去にはスペシャルドラマ「東野圭吾 手紙」(テレビ東京系、2018年12月19日)でも共演したこともある。

2人は現在もファッション誌で専属モデルを務めるモデル兼業女優だが(広瀬は「with」のレギュラーモデル、本田は「MORE」のモアモデルズ)、どちらも感情表現が豊かで女優としての才能を随所に感じさせるだけに、今後もドラマや映画に欠かせない存在へと成長されるのでは。

★ワンクリック・アンケート

★裏情報がたっぷり!芸能界のうわさはこちらでどうぞ

★関連記事

人気ブログランキング