都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

平成UMAと「ファンシー絵みやげ」~本栖湖のモッシー編

昭和と平成のオカルトブーム

 

みなさんは平成のオカルトブームをおぼえていますでしょうか。令和の時代となり、ずっとそばにいた平成が、だんだんと懐かしいものになってまいりました。

 

jinmengyo

 

昭和にはネッシーやツチノコなどのUMA(未確認生物)をはじめ、大きなオカルトブームがありましたが、平成の始まりである1990年(平成2年)にも、人間の顔を持った鯉「人面魚」がブームに。

 

nostradamus1

 

そこから平成レトロの時代には、ミステリーサークルなど新しい現象も出現し、1999年7の月には、1970年代にブームとなった「ノストラダムスの大予言」のXデーがやってくるなど、オカルトは身近にありました。

ちょうどその時期と重なる、昭和の終わりごろから平成初期にかけて日本全国の観光地を席巻していたものがあります。それが「ファンシー絵みやげ」です。

 

 

ファンシー絵みやげ

 

「ファンシー絵みやげ」は1980年代から1990年代にかけて、日本中の観光地や温泉、スキー場などの土産店や観光施設の売店などで売られていた子ども向け雑貨みやげの総称です。

 

20190924ho2

 

日本語の文章を手書きローマ字で書く、人物は二頭身にデフォルメして子どもっぽい漫画風に、動物は服を着た直立二足歩行などのように擬人化されるのが特徴で、そういったイラストをキーホルダー、定規、湯呑み、財布、ペン立てなど、実用性のある商品にプリントして観光地で売っていたのです。

 

20190924ho3

 

バブルが崩壊した1990年代半ばからだんだんと姿を消し、現在では見つけることが困難となっており、私、山下メロはその保護活動を行っています。

 

 

日本各地の○ッシー現象

 

平成バブル時代になっても、なぜか昭和にブームとなったUMAがイキイキと躍動している場所がありました。それは、そのUMAに関連する観光地の土産店です。全盛期を迎えていたファンシー絵みやげのキャラクターとして復活していたのです。その足跡をたどっていきましょう。今回は「和製ネッシー」本栖湖のモッシーです。

 

nessie2016d

 

ネッシーとは、スコットランドにあるグレートブリテン島最大の淡水湖・ネス湖で発見された大型の未確認生物の通称。700年ごろの記録にも登場しており、昔から目撃され続けているUMAです。1900年代になって増加した目撃証言や写真、映像によると首長竜のような大型生物だったとされています。

 

日本では1970年代ごろにテレビや雑誌で紹介され、人気を博しました。そして、それまで同じように日本の湖で目撃されていた未確認生物が、「ネス湖のネッシー」と同じように、「池田湖のイッシー」「屈斜路湖のクッシー」など、「湖の1文字目+ッシー」という法則に従って名付けられるようになりました。

 

20190924ho4

 

さらに、もともと目撃されていた湖以外にも目撃報告が出たり、捜索したりと波及していき、あまりの人気の過熱ぶりに話題づくりの捏造が疑わしいほどでした。その真偽はさておき、そのブームも沈静化した1980年代以降はだんだんと忘れられていきます。

しかし、その頃の観光地には「ファンシー絵みやげ」が増殖していました。忘れられ、池の底で静かに過ごしていた和製ネッシーたちも、観光地で売る商品のモチーフとして再度引っぱり出されたのです。

 

20190924ho520190924ho6

 

山梨県、富士山麓にある富士五湖は河口湖、山中湖、本栖湖、精進湖、西湖の5つです。河口湖と山中湖は観光地化が著しく、ファンシー絵みやげも数多くあり、それを売る土産店がボート乗り場周辺に林立しています。対して、精進湖と西湖は釣り客がメインといった自然がいっぱいの湖で、釣具店や釣り宿ばかりで観光地という雰囲気ではありません。

 

20190924ho7

 

そして残る本栖湖には、土産店が少しだけあります。そこに売られている、ほぼ唯一のファンシー絵みやげ、それが1970年代に目撃談のある巨大な水棲未確認生物・モッシーです。

たとえば本栖湖の土産店で売られていたものに、こんなステッカーがあります。

 

20190924ho8
本栖湖は富士五湖で1番水深が深いため、水深が書いてある。

 

首長竜というより、直立する怪獣のような雰囲気となっています。ポップな色使いと、英字の背景、二頭身のイラスト、胸に「M」と、まさにファンシー絵みやげの要素が含まれています。UMAなので、正解が分からずデフォルメなのかは判断が難しいところですが……。

 

さらに別の店ではこんなステッカー……いやモッシールが。
20190924ho9

 

こちらは本家ネッシーのように首長竜っぽくなっています。数少ない2つの土産店の商品で、モッシーの形も、そしてスペルさえ違っています。それぞれに商品化した結果が異なるというのも、目撃談ごとに差異が生まれがちなUMAらしさともいえます。

 

そして、バブル時代に本栖湖がモッシーを売りにしていたことがよくわかりますね。モッシーステッカーを貼った車は、今もどこかで走っているのでしょうか。見かけたらご一報ください。

 

では、最後に、こちらのキーホルダーをご覧ください。
20190924ho10

 

河口湖のカッシー、山中湖のヤッシー、本栖湖のモッシー、精進湖のシッシー、西湖のサッシー。なんと富士五湖すべてに「〇ッシー」が存在した……!?

モッシー以外は聞いたことありません……やはりこの時代はいろいろどうかしていますね。

 

20190924ho11

 

しかも恐竜家族!?!?

 

 

では、また次回。