都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

岡山北区 血まみれの女性を助ける不思議な夢

投稿 岡山市 とりくら

体験談というよりの夢の話です。

夢の内容なら何が起こってもおかしくないと私も思いますが、この夢は何か様子がおかしかったので投稿させていただきました。

一年ほど前ですが、仕事場で仮眠を取った時に夢を見ました。

知人と一緒に大きな温泉旅館に泊まり、館内を歩いているところから始まりました。大浴場の案内が見えたので「このあとで行ってみよう」と話していたのですが、ここで突然場面が変わります。

真夜中に私は一人で線路沿いの小道を歩いているところから始まります。夢の中でもさっきまでと急に場面が変わったことに驚きましたが、ひとまず歩き出しました。

道の先に何かが見えます。

近付いていくと血まみれの女性がうつ伏せで倒れていました。急いで走り寄って様子を見ながら、携帯電話を取り出し通報しようと思ったのですが、この場所の細かい地名がわからないので、現在地を知ろうと思い地図アプリで確認すると「岡山市北区優しいね△×-△」と表示されました。

さすがにおかしいと思って周りを見渡したら電柱の看板に町の名前が書いてあるのが見えました。

そこにもやはり「優しいね」と書いてあります。少し混乱しながらも110番通報しようとすると倒れていた女性がいつのまにか立ち上がってすぐそばにいました。

長い髪が顔にかかっていて顔つきはわかりません。その女性は通報しようとしている私に向かって「もう大丈夫ですありがとうございました」と血まみれのまま言うので「大丈夫ですか 良かったです お大事に」と返すとそこでいきなりパチっと目が覚めました。

普通に考えると夢は何が起きてもおかしくないと思っていますが、それでもある程度何らかの連続性を持った夢が中心だと思います。

この時の夢はあまりに唐突でつながりの無い場面転換だった為とても印象に残りました。しかし、起きて30分ほどしてから、どんどんその夢の記憶が薄れていくのに気付きました。

これは何かおかしいと思い、メモ用紙に何度もその夢の内容を書いて忘れないようにしたのでこうしてお届けすることができました。

何だか、ヒトじゃない存在がヒトの生態を調べているように感じます。

この話を霊感のある方に話したことがあるのですが「その話は人に伝染するかもしれないので、あまり人に話さない方が良いかも知れません」と言われました。

他の方々が様々な実体験を報告しているところに夢の話を持ち込むのは失礼かなとは思いましたが、心のどこかに引っかかり続けるので誰かに話しておきたいと思いメールさせていただきました。

ATLASラジオいつも楽しく聞いてます。お風邪など召されませぬように。

(山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Anemone123 PIXABAY