都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

小学生時代、口裂け女と間違えられた若槻千夏

2019年8月6日、日本テレビ系列で放送された「ザ!世界仰天ニュース」にタレントの若槻千夏が出演した。

番組の中で若槻は小学生時代に『口裂け女』と間違えられた体験を披露した。

若槻千夏、中学生時代に宇宙人と友達だった…それってまさしく「中二病」!




小学生の時にトイレに入った際、勢い余って顔面をトイレに打ちすえてしまった。若槻が恐る恐る顔を上げてみると口のあたりが切れており、流血していた。その怪我が治るまで1ヶ月ほどマスクをしたまま過ごした。そのため小学校では「若槻は口裂け女だ!!」という噂が流れてしまった。

怪我が治った時、若槻は友達の前でマスクをとって「ほら、私は口裂け女じゃないよ」と自分が妖怪ではないということを説明した。




関連記事

『口裂け女』の発祥は、峠を越える厚化粧の女性?

(和田大輔 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『se-女 若槻千夏 [DVD]