都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

姿はあれども詳細は解らず…妖怪「うわん」

画像©Wikipedia 佐脇嵩之『百怪図巻』の「うわん」より




鳥山石燕の「画図百鬼夜行」をはじめとする様々な妖怪画にて紹介されている妖怪。

裸で禿頭の妖怪がぎょろりとした大きな目を剥き、黒いとがった牙の揃った口を大きく開け、三本指の両腕を掲げて威嚇しているような姿で描かれることが多い。




なお、下半身は何かで隠れていたりして明確に描かれる事がないため、どのような姿をしているのかは解っていない。


画像©Wikipedia 鳥山石燕『画図百鬼夜行』より「うわん」より

「画図百鬼夜行」では壊れかけた屋敷の塀から身を乗り出している様子が描かれているため、廃屋に住んで人を驚かす妖怪と解釈されることもある。




この妖怪にまつわる話としてよく伝わっているものに「古い屋敷を買って住んだところ、一晩中「うわん!」という大声が響いて眠れず、後に古老に古い屋敷には「うわん」という化け物が住み着くと聞いた」、「廃屋に潜み近くを通る人に「うわん!」と大声をかけて驚かして魂を吸い取るが、呼ばれたときに「うわん!」と言い返せば助かる」などの話があるが、これは構成の創作であるとする見方が強い。

熊本県や鹿児島県ではお化けのことを「わんわん」「わん」と呼んでいたため、そこから創作された妖怪ではないかとする説もある。

(田中尚 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)