都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

夫婦で見たマックロクロスケ

投稿 匿名希望

ススワタリ『真っ黒クロスケ』を見た!

初めまして、埼玉県に在住のH(40歳)と申します。アトラス ラジオを楽しく聞いています!

先日、女性のリスナーさんが、『真っ黒クロスケ』を見たお話をされていて、楽しく拝聴しましたが~私達、夫婦も以前、私の暮らすアパートの部屋で『真っ黒クロスケ』としか思えない不思議な生き物?らしき物をハッキリと至近距離で見ました!

しかも、妻においては、その物体に触れましたのでどうしても、山口さんにお伝えしたく!そのお話をメールしました。

2005年 …8月終わり~9月初めの出来事です。




当日の彼女(現在の妻)と共に当日、私が一人暮らしをしていた、築40~50年程の古い木造アパートにて体験しました。その日の夕方、近くのレンタルビデオ屋にて、心霊ビデオ(VHFかDVDどちらか?)を借りて、私の部屋で観ることになり、コンビニで飲み物とお菓子を買い込み、6畳二間のキッチントイレ有りのアパートに戻りました。

間取りとして、入って手前の6畳には恥ずかしながら夏でもコタツを出したまま……その奥の6畳の部屋は、フスマで仕切られていたのですが、広く使うために、フスマを全撤去して、暮らしていました。

ビデオ屋から、そのアパートに、帰宅後、コタツに、買い込んだ飲み物とお菓子を置き、妻はそそくさと、あぐらをかいて座り、お酒を開けて飲んでいました~

私は、借りて来た心霊ビデオを観るために、奥の6畳にあるテレビに向かい、再生機にセットして、再生させコタツの方に戻りました。

私は、部屋が明るいと、雰囲気が出ないため、コタツ上部の天井にある紐を引っ張るタイプの和風照明の紐を引き、非常灯(オレンジ灯)に切り替えました…

その時です!

突然、私の足元近くに座っていた妻が、『ギャー』と声を出して立ち上がり、台所に逃げ出しました!

私は、照明の紐を引いた手を降ろしたまま、こたつの横に立ち尽くして、妻の声に驚き、彼女が座っていた
所に目を向けました…

すると、黒いヒラヒラした何かが動いている様子が見えました!

それは、床から5~10cm位の高さにフワフワヒラヒラと浮遊し並行移動していて……大きさは 綺麗な真ん丸で、コップを乗せるコースターと、ほぼ同じくらい。

真っ黒で、飛び方?浮き方?は…海を泳ぐエイにとても良く似ていて、カラダを波打つ様にして、ヒラヒラ並行移動して飛んでいました!

見たものは、明らかに 初めて見る光景でしたが……




私はとっさに!ゴキブリか蛾が……部屋に侵入したと思い近くに置いてあった、雑誌を丸めて叩き潰そうと カラダが無意識に反応し行動していました!

なぜかというと……無精の私は、夏にも関わらず…ダウンジャケットを雑にたたんで、押入れの前に置いてあり、その黒く丸い虫の様な生き物が、そちらの方に飛んで逃げて行くのが分かったので、もし、ソレがジャケットのポケットに入り、その死骸が冬に出てきてはとても気持ち悪いので、この場で退治しなければと強く思い、自然にとった行動として、近くに置いてあった、雑誌を丸めてその物体を退治しようとしたのです。

しかし、散々叩いたあげく、ダウンジャケットを確認しても、死骸も何も無く、跡形もなく消えていました……

妻も、台所から戻り、私の様子を見ていたので、「あの黒いヤツ、ジャケットから出て来てないよな?」と確認しながら、注意深く周囲を確認しましたが、何も出て来ませんでした。

落ち着いた私は、改めて、妻にあの瞬間(照明が暗くなった時)何が置きたかを確認すると…私が非常灯に切り替えたと同時に、クモが上から降りてくる感じで、妻のミニスカートを履いた太もも辺りに、黒い何かが…『フワッと』落ちたと言うのです。

その時に、その物体のサイズが一瞬で変化してパッと大きくなったので、妻は 『ギャー』と声を出して立ち上がり、台所に逃げたと言うこと。

その物体のサイズや形は私が上から見下ろして見たその物体と特徴が似ているので、2人とも、同じものを見たのは間違いありません。

まさか、いきなり部屋に大きな蛾か、蝶が一瞬で現れ、床上を並行飛行するとしても…さすがに、蝶の羽ばたきなら、分かります……




あの物体?生物?の様に真ん丸の綺麗なコースターの様な形でヒラヒラ浮遊飛行する物は初めて見る光景でしたので、2人の中では、ススワタリとして『やっぱり、真っ黒クロスケは実在するんだね~』と、その現象を納得させ当時を思い出して、今でも、時々、確認する様に妻と話しております。

読みづらい文章となりましたが、本当に体験した出来事ですので、みなさんにも、共有と報告が出来ましたら幸いです。

ちなみに、妻は昔から霊感や直感が鋭く、色々な不可思議な体験をしているのですが、それは、また機会がありましたら報告したく思います。

それでは、今後のアトラスラジオ楽しみにしております。

(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Gerd Altmann PIXABAY