都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

古市憲寿、ELTとの“豪華4ショット”を公開!「いい笑顔」「五十嵐さん…超レア」【画像】

社会学者・古市憲寿(34)が2019年8月28日付のインスタグラムで、Every Little Thingの持田香織(41)、伊藤一朗(51)、元ELTの五十嵐充(50)との4ショット写真を公開している。

ネット上では「みなさんいい笑顔で素敵な写真」、「もっちー変わらず可愛い」、「五十嵐さん…超レア」などと、絶賛の声が挙がっている。

※古市さんがELTのコンサートを鑑賞。

その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 古市憲寿&Every Little Thing
(※情報元:古市憲寿インスタグラム)

公演後の楽屋と思われる一室に、持田(左)、伊藤(前列中央)、古市(後列中央)、五十嵐(右)が並んだ“ピース4ショット”で、ELTデビュー当時のメンバー・五十嵐氏も駆けつけたレアな一枚。

古市によると「ELTの23周年ライブ行ってきました」とのことで、ELTとして約3年ぶりのライブとなった「Every Little Thing 23rd Anniversary Concert」(2019年8月28日:東京・中野サンプラザ)を鑑賞後のオフショットのようだ。

インスタグラムでは「笑顔揃ったね」、「古市さんがELTもお好きだったとは!!」、「最高の4人です」などと、絶賛の声が出ていた。

ちなみに古市氏は2018年11月21日付のインスタグラムで、「ずっと大好きなELTの持田香織さんと!」のコメントとともに、持田、東京プリン・伊藤ようすけ(56)との3ショット写真を公開したこともある。その画像がコチラでみられる(↓)。

【画像】 古市憲寿&持田香織&伊藤ようすけ
(※情報元:古市憲寿インスタグラム)

この時も、ネット上では「古市さん、本当に嬉しそうですね」、「デレデレしやがって」、「持田さん全然変わらない可愛い」などと、絶賛やツッコミの声が出ていた。

そんなELTことEvery Little Thingといえば、ボーカル・持田香織とギター・伊藤一朗による音楽ユニットで、デビュー当時にはサウンドプロデューサーでキーボードの五十嵐充も含めた3人組だったことで知られる。

ELTはシングル「Feel My Heart」(1996年8月7日発売)でデビューを飾り、これまでにシングル「For the moment」(1997年6月4日発売)や、シングル「Time goes by」(1998年2月11日発売)、シングル「fragile/JIRENMA」(2001年1月1日発売)など、多数のヒット曲を世に送り出している。

2019年は、持田がソロ10周年記念ツアー『KRASYS presents 持田香織10周年記念コンサートツアー2019「てんとてん」』(2019年3月15日~6月17日:全国10か所)を開催したほか、伊藤も2019年5月にYouTubeチャンネル「いっくんTV」を開設したり、単行本「ちょっとずつ、マイペース。」(2019年8月23日発売)を上梓するなどソロ活動が目立っている。

そうしたなか行われたELT23周年記念ライブ「Every Little Thing 23rd Anniversary Concert」(2019年8月28日:東京・中野サンプラザ)には、五十嵐も駆けつけ、同ユニットの節目を祝ったようだ。

ELTの大ファンであると思われる古市さんも「#来年もまたここにいると信じれる」とELTへの熱い思いを綴っていますし、来年24週年ライブが開催された暁には、また素敵な写真をみせてくれることに期待したいと思う。

いっくんのユルい人生哲学。怒らない、慌てない、イライラしない。

★ワンクリック・アンケート

★最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

★関連記事

人気ブログランキング