都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

友近、壮大なる勘違い…宇宙は広かった

女性お笑い芸人の友近は、最近まで「宇宙」という言葉は「宇宙という名前の星」があると思い込んでいたという。

とある番組において「最近やっとわたしは、地球が宇宙の中にあることを理解しました」と告白……。

一体どういうことだ?




実は2012年頃まで、友近は「宇宙」を「ちがう星」と認識していて、地球とは別の天体だと思っていたのだという。

つまり、「宇宙へ行く」という言葉の意味は、「地球」から「宇宙という星」へ行くという意味だと思っていたのだ。

この友近による考え方こそ、宇宙そのものである。

関連記事

友近&なだぎ、どうする…「ビバリーヒルズ青春白書」新作でモノマネ復活!?

(ミドルサイズパンダ 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像『友近コント作品集「演って候」PREMIUM BOX 2014-2018 [DVD]