都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

原田龍二、不倫騒動で舞台版『サザエさん』が大ピンチ!?





『相棒』『水戸黄門』などの出演で知られる俳優の原田龍二が数年前から女性ファン数人と不倫関係にあることを「週刊文春」が報じている。

文春によると、原田は自身のサイン会や番組観覧に来ていた女性ファンに個人的な連絡を渡して男女の関係を持ち、空港の駐車場や自宅近くの公園に車を停めて不貞行為に及んでいたという。真面目で硬派なイメージの俳優として、お茶の間に愛されてきた原田だけに、今後の仕事への影響は計り知れないと予想できそうだ。

そのような事の中でも、最悪の場合は「降板」となりそうな仕事があるという。



関連記事

タマフライング、2週連続発生!令和時代「サザエさん」は平成とはチョット違う?

それは、今年9月より明治座ほかで上演される舞台版『サザエさん』である。原田は舞台版サザエさんにおいて、謹言実直な「マスオさん」を演じる予定であり、サザエ役の藤原紀香をはじめ、高橋惠子や松平 健など、現在続々とキャストが決まっている。

マスオさんといえば、世の女性から「理想の旦那」として名前が挙がることも多い人物であり、もちろん浮気などはご法度なのである。(※原作・アニメともにマスオさんは浮気をしたことがない)




そのため、現在ネットでは「(原田は)マスオさんに相応しくないのでは?」「何もマスオさんを演じる直前じゃなくても……」といった声が相次いでいるようだ。

この舞台版『サザエさん』はアニメ版の放送開始50周年を記念した大事な舞台であり、失敗などは許されない。それだけに今回の原田の不倫騒動はアニメ版放送局であるフジテレビにとっても、かなり体裁の悪いことであり、今後の対応が気になるところである。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像『原田龍二「情愛」 デジタル写真集ライト版1