都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

勇猛クレイジーキャット、狂暴肉食獣を撃退!

アメリカ、ロスアンゼルス中心にほど近いハイランドパークにおいて、ある一軒の家の防犯カメラに凄まじい光景が録画されていたようである。

マヤ・ガリンさんと彼女の夫が取り付けたセキュリティカメラの映像を確認している時の話である。彼らの愛猫マックスが信じられないことをしてる録画ビデオをたまたま見つけたのだ。




獰猛そうな3匹のコヨーテが何かエサになりそうなモノを物色しようと、ガリン宅の裏庭に侵入した。するとマックスがこの野生動物に立ちはだかると、しかも威嚇を始めたのである。しかし、コヨーテも群れになって負けじとマックスに今にも飛び掛かりそうな勢いである。

ところが、マックスは落ち着きを払い、まったく怯むことなくこれらの3匹に堂々と対峙。すると、とうとう諦めたのか、コヨーテたちはシッポを巻いて逃げ出したのである。




この一部始終を画像で確認した夫妻は、嬉しい反面、ショックも大きかったようである。

「一歩間違っていたら、(マックスは)食べられていたかも。ホント、ラッキーだった!」

日本国内でも、昨今山から下りてきたシカ、イノシシ、サルなどが街中で悪さをする例が増えてきているが、コヨーテはご存知、狼の仲間であり、体長100センチほどの鋭い牙を持った肉食獣である。この半分の大きさにも満たない猫が孤軍奮闘、3匹の野獣コヨーテを威嚇し、追い詰めて最後に門前払いするとは、なんとも珍しい話である。

ガリン夫妻はマックスが「クレージー(最高の)キャット」であることを再認識したという。

(ジュリー・楊 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)