都市伝説・オカルト

全長5メートル、重量60キロ超え!フロリダで捕獲された巨大ヘビ





最近、アメリカはフロリダ州では巨大な爬虫類の目撃証言が相次いでいる。

一番多く報告されているのは湿地帯に生息している巨大なワニだが、今回報告されたのは記録を塗り替える程の巨大なニシキヘビだった。

関連動画
Trappers capture 17-foot long python in Florida

問題の蛇はフロリダ州のエバーグレイズにあるビッグサイプレス国立保護区のチームによって捕獲された。大きさは5.1メートル、重さは63キロにも及ぶもので、間違いなくこの地域では最大のものになるという。なお、ニシキヘビは雌で妊娠中だったとのことである。




こちらのニシキヘビは初めからこの地域に生息していた訳ではなく、ビルマなどから1980年台に持ち込まれた帰化生物になるという。在来種に対する影響も大きく、アライグマやオポッサム、ボブキャット等の個体数が激減しており、ウサギやキツネの中には生息する個体が無くなってしまった種もあるという。

そのため、環境保護団体も外来種のニシキヘビの個体数確認と抑制のために長年尽力してきたとのこと。このニシキヘビも過去に捕獲したオスのニシキヘビに無線送信機を取り付け、そのデータを追跡することで発見に至ったという。

環境保護団体は「外来種の蛇を駆除するだけではなく、生息地などに関するデータを収集し、新しい駆除ツールの開発を試みている」と、Facebook上で語っている。

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Facebook / Big Cypress National Preserve