都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

全米最恐の幽霊屋敷『死霊館』でハロウィンを楽しむ!?ホラーイベント開催へ

実話をもとに作成されているホラー映画シリーズ『死霊館』。

この映画のモデルとなった怪奇事件の舞台である実際の幽霊屋敷に実際に入ってみよう!というイベントがハロウィンに開催されるという発表があった。

映画『死霊館』モデルハウスをある夫婦が購入!




会場となる幽霊屋敷はアメリカはロードアイランド州に現存する農家で、シリーズのうち『死霊館』の舞台になったもの。最近Heinzen夫妻が買い上げたため、個人所有となっている。

この家は、魔女によって呪われた土地に建てられたため、Perron一家は不吉で不可解な事件に見舞われるようになった。後に、エドとロレーヌ・ウォーレンという二人の心霊研究家が調査を行い異変は終結。後に2013年公開のホラー映画『死霊館(The Conjuring)』の原案となった。




そんな幽霊屋敷で行われるのが「Ghost Adventures:Halloween 2019」だ。参加者は実際の幽霊屋敷に2時間滞在するとプレスリリースされている。

主催者である心霊研究家のバガン氏は「私も多くの場所を調査したが、この場所は他のレベルでは全く恐ろしいものです。映画を視聴した人たちがこの恐ろしい屋敷を私たちと一緒に探索するの楽しみにしています」と語っている。

(加藤史規 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Cory Heinzen / Facebook