都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

個性派俳優Cは薬物中毒者…それともリアルすぎる演技テクなのか…

はじめは若者をターゲットにしたドラマでデビューし、同世代の俳優たちと信頼関係を徐々に築き、今では主役の脇を固めるナンバー2というようなポジションで、これまでに数多くのドラマや映画に出演している俳優Cに関してキナ臭いウワサが耳に入ってきた。

ちょっと滑稽なキャラクターから、屈折して歪んだ根暗な性格の役柄まで器用に演じることの出来るCは、ドラマや映画の制作サイドから重宝がられていることは業界では誰もが知るところとなっている。

関連記事

至高のミュージシャンB、クスリは完全に断ち切れたのか…




そのCが違法薬物中毒だというのだ!

楽屋で1人でスタンバイしていると奇声を発したり、自分の出番には目つきがおかしい状態で現場にやってきたりするため、クスリを常用しているのではないかと囁かれているようだ。

警察やマスコミが既にCとその周辺をマークしているという。ところが、Cが覚せい剤を使用した痕跡、ましてや現場など、今のところ、終始側にいるはずの事務所関係者や局スタッフさえもいっさい見たことがないという。もし、Cが本当に中毒者であるならば、尻尾を掴ませることなく、実に上手く立ち回っているようだ。




その一方で、奇声や怪しい目つきはCが敬愛するアメリカ俳優の模倣であり、メソッド演技法だという話もある。

ただし、これから年末に向けて彼が当局からマークされているのは紛れもない事実である。2019年もあと残すところ3か月あまりだが、このショッキングなニュースはいつ表面化してもおかしくなさそうだ。

(串田圭介 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©Klaus Hausmann PIXABAY