都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

人類の文明すら書き換える!?ある研究家の所有するUFOの破片

人気バンド、Blink 182の元ギタリストであり、UFO研究家でもあるトム・デロング(Tom DeLonge)氏は、自身のUFO研究機関To The Stars Academy(TTSA)にて「UFOの破片かもしれない画期的なメタマテリアル」を所有していると発表して話題になっている。

問題の物体は彼のインスタグラムにて画像付きで紹介されている。全体的に銀色で、断面は層状になっている事が解る。




彼自身はこの破片について「材質は非常に高度なもので異常なエンジニアリング能力を示すことを証明されている」と語っているが、彼の投稿や写真を見た人々からはさすがに懐疑的な声が多く寄せられていた。

前述のTTSAのCOOであるSteve Justice氏は、「2017年10月のTTSAキックオフWebキャストでも発表していますが、この素材は時空間の基準を設計できるようにするテクノロジは、輸送、通信、および計算に革命的な変化をもたらし、文明を根本的に変える能力をもたらします」と語る。




なお、こちらの破片はマグネシウムと亜鉛、ビスマスが含有されていることが判明している。

果たして、この素材は本当にUFOの破片なのか。他の研究組織でも材質を調べてもらっては、という提案もあるようだが、今のところ別の機関による調査の予定はないそうだ。

関連記事

ペンタゴンUFOプロジェクト参加の元軍事情報官も登場するドキュメンタリー

(飯山俊樹 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©mohamed Hassan PIXABAY