都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

人間のためにサルがココナッツを収穫することが議論を呼んでいる理由

Credit: depositphotos

Point

■タイを中心に、アジアで生産されるココナッツのほとんどは「サル」が収穫を担っている

■そうした農場でサルが奴隷化しているとの主張があり、ココナッツ製品の不買運動も起こっている

■生産者はそうした事実を否定しており、両者の主張は真っ向から対立している

超人になれる「遺伝子リスト」をハーバード大学の科学者が作成してしまう

最近ココナッツ・オイルやココナッツの果肉を食した覚えはあるだろうか?もし食していたとすれば、それはタイから輸入されたものである可能性が高い。

さらにいえば、そのココナッツは人間ではなく「サル」が収穫したものである可能性が高いのだ。

タイではおよそ400年も前から、ココナッツを収穫するためのサルを育てて訓練する風習があるのだ。

驚くべきサルの作業効率

収穫をサルに頼るのはタイだけではない。スリランカ、マレーシア、インドの農場でも同様に、サルが活躍することがあるという。

しかし、どうしてサルなのだろう?

ここに驚くべき数字がある。1人の人間が1日に収穫できるココナッツはおよそ平均80個だが、メスのサルにかかれば約600個、オスのサルにいたっては約1,600個の収穫が可能であるというのだ。

Credit: depositphotos

さらに大きなメリットとしては、安全性の高さが挙げられる。ココナッツの木の高さは80フィート(約24メートル)にも及ぶことがあり、そんな場所での移動のプロであるサルのほうが安全に仕事を遂行することは想像に難くない。

しかし、カリフォルニア州グラスバレーにあるファームサンクチュアリ(動物福祉の改善のために活動する施設)、Animal Placeが、こうしたサルの利用に待ったをかけている。

彼らは、そこでのサルが奴隷化していると主張しており、こうした実情を知っている人たちは、サルを使った収穫をおこなっている農場からのココナッツ製品を避けるようにしているとのことだ。

サルは本当に「奴隷」なのか?

Animal Placeのスタッフが、実際に現場を訪れたことはないとのことだが、同施設のマルジ・ビーチ氏は、Youtubeにアップされた以下のような動画を観れば、サルたちがひどい扱いを受けていることは明らかだと主張する。

ビーチ氏は、「最も悲惨だと感じたのは、彼らが野生のサルを捕えてロープでつなぎ、一生を彼らのために過ごさせるということです。野生のサルは、一生野生でいるべきなのです」と語っている。

これに対し、タイでサルの訓練学校を営んでいるアリエン・シューローバーズ氏は、サルの扱いに関してAnimal Placeの主張に反論している。

シューローバーズ氏いわく、「学校の雰囲気はいつも穏やかで、叫んだり、罰を与えることはありません。木にはヒアリが住んでいるため、サルは数本の木ごとにオーナーからのチェックとマッサージを受けるのです」とのことだ。

そしてサルが使えないとなれば、当然ながら人間が収穫の仕事を担うこととなるが、シューローバーズ氏はその危険性についても指摘している。「木は相当に高いため、収穫の際には木の真下に立たなければなりません。そして、ココナッツは一度に6~12個ほど落ちてくるため、とても危険なんですよ!」

Credit: pixabay

シューロバーズ氏はその根拠として、世界でおよそ600人がココナッツによって死亡していることを付け加えた。

もちろん、世界を見渡せば、人間が産業のために動物を利用している例は他にも多く存在している。牛が畑を耕したり、牧羊犬が家畜を追い回す姿は誰もが目にしたことがあるものだろう。

この「サルのココナッツ収穫」に関して、あなたはどのような感想を抱いただろう?

動物保護を主張する人たちと、動物を生きていく糧として利用する人たち。両者の言い分が真っ向から対立するのは当然だ。しかし、消費者として恩恵を受けている私たちも、こうした対立構造を無視できる立場であるとはいえないだろう。

東洋人と西洋人の思考様式の違いは「コンテクスト」にあるとする新説

reference: thesalt / written by なかしー