都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

人身事故はあの有名なキャラクター列車が起こしたものだった…

2019年7月16日13時ごろ、岡山駅(岡山県)と高松駅(香川県)とを結ぶ瀬戸大橋線の瀬尾駅で人身事故が発生。数時間に渡って運行が停止するなどの被害があった。

新聞の報道などによると、人身事故が発生したのは特急車両であり、さらにネットからの情報によると、衝突したのはラッピング車である「アンパンマン列車」である可能性が高いという。

関連記事
逮捕!箱根駅伝に突如乱入したアンパン号





「アンパンマン列車」は高知県出身の漫画家・やなせたかし氏の作品『アンパンマン』のキャラクターをラッピングをした特急車両で、外装や内装がアンパンマン一色になっている。

子供たちからの人気が高い列車だけに、ネットではショックを受ける声が相次いでいて、「アンパンマン号が人身事故なんて……」「子供が乗ってたら可哀想」などの声が続々と投稿されている。

なお、アンパンマン号での人身事故は今回が初めてではない。




2016年10月10日、この日は体育の日の祝日でアンパンマン列車には多くの親子連れが訪れていたのだが、14時半ごろ、人身事故が発生。ダイヤが大きく乱れるなどの影響があった。

今回の人身事故は3連休終了直後であり、親子連れの客はそこまで多くなかったことが予想されるが、実に迷惑な事案であったようだ。




関連動画
【子供向け】 JR四国 アンパンマン列車【Full HD】

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©写真素材足成