都市伝説・考察・陰謀・不思議・オカルト

世界的ミュージシャンAのピアノ技術は大学生レベル、作曲は鼻歌程度だった!?





ある大手企業の関係者の証言によると、インテリのイメージが強く世界的に評価されている日本のミュージシャンAであるが、音楽の技術レベルはかなり低いという。

例を挙げると、ピアノを上手に弾くイメージがあるが、実際にはレコーディングスタジオではピアノに触れさせてもらえず、「Aさんは弾いてはダメですよ」と関係者が必死にプレイすることを止めるらしい。Aのピアノの技術をどのレベルかでいうと、音楽大学の学生程度の代物らしく、とてもプロミュージシャンとは言えない稚拙な技術だと言われている。特に指の動きが致命的に駄目だと指摘されているようだ。




このミュージシャンAは、数多くの名曲を作曲しているが、本人は鼻歌と稚拙なピアノでよくわからない曲を作るだけであり、それを名曲に作り直す担当者が大手企業●●●に存在しているようだ。つまり、事務所や所属レコード会社が協力して作り上げたハリボテの大物ミュージシャンであるわけだが、世の中はAがとんでもないカリスマのように勘違いしているというのだ。

人間的にも性格がひねくれており、スタッフにまったく気遣いをすることが出来ず、横暴な言動が目立ち関係者にも嫌われているという。




今まではこのような実像がうまく隠されてきたが、SNS時代になり、A本人の発言がネットで拡散されるようにもなり、かなり人格的に問題のある反社会的な人間であることが露呈しつつある。

偶像とは実に壊れ易いものである。

≪関連記事≫
妻に手を上げるのは日常的…超大御所ミュージシャンA、重病を患って薬物卒業!?
気合い入れと称してスタッフを殴りまくる大物ミュージシャンB

(松田ケン ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©Free-Photos / PIXABAY